とびまるの「なわとびのこと」

なわとびのことを書いたり描いたりするブログ。

408 第3のロープ

今回は「縄のこと」。 アメリカロープなるものがありました。 粕尾将一さんが代表で運営されているオンラインショップです。替えロープがなくなったので、今回はこちらで縄本体と替えロープを買ってみました。そのレビュー(というか、これまで使った縄を含…

407 グリップの角度、そのタイミング

今回は「角度のこと」。 グリップの角度について、過去に何度か書きました。 最近だと392 グリップを真横に で、縄を張るにはまずグリップを真横に近い角度にしたほうがいいんじゃないか、と書いてみました。なので、今のところの自分の考えはこのあたりにあ…

406 人とAIの2in1

今回は「AIのこと」。 世の中、AIがいろいろなところで使われるようになってきました。 単語の予測変換、養殖の稚魚の選別、オークションの偽物判別……。 最近見た話だと、こんなのがありました。いろいろ使いどころがあるなら、なわとびにだって活用でき…

405 サイドスイング1回目をノーカウント

今回は「サイドスイングのこと」。 1回目のサイドスイングだけレベルに入れないのはどうか、という話です。 前回含めて何回かサイドスイングの話を書いてみて、毎度のように、「サイドスイングは回しはじめたときに足が床から離れていること」なんて、競技…

404 サイドスイングはどこを回すのか?

今回は「サイドスイングのこと」。 サイドスイングから交差に入る技を、短縄では「そくしんとび」と呼びます。 漢字だと「側振」とび。「側」はおそらく側面や体側の「側」で、体の横を表しています。つまり、側振とびは「体の横で縄を振る」技ではないかと…

403 ぬくなわ

今回は「季節のこと」。 なわとびは、この時期が一番跳びやすい気がします。 暖かいと、体も動かしやすいです。なわとびは冬の運動の定番ですが、冬は寒くて体が動きません。この冬は暖冬と言われていて、僕の住んでいるところでは一度も雪が降らない冬でし…

402 跳ばせてあげられなかった

今回は「学校のこと」。 先日、今までいた学校の退任式があって、お別れをしてきました。 この学校に赴任したのは、単縄を始めたころとほぼ同じ。単縄を身につけながら、学校でも活かしていけたら……と、事務の仕事をしながら、なわとびで子どもとつながりを…

401 Myなわがあれば・・・

今回は「なわとび作りのこと」。 「Myなわとび作り」はもっと広まっていいと思います。 過去に2回、Myなわとび作りをやらせてもらったことがあります。そこで作った2本の縄は、ずっと学校に置いて、いろんな縄と一緒に、子どもに貸していました。 その…

400 飽きる幸せ

今回は「満足感のこと」。 飽きた、というのは、満足したってことだなと思います。 5年も6年も単縄を続けてきて、始めのころはいつまでもやっていけると思っていたことが、すこしずつ減っていきました。イベントに出向くのをやめ、動画を見せるのをやめ………

399 なわとびに身をすくめる人たち

今回は「暴力のこと」。 すこし前、初めて回る縄が怖いと思いました。 1月ごろだったと思います。SEBOCとか、TJOとか挑戦していたとき。縄は通るようになりつつありましたが、何度か回しているうちに、ふと「怖い」と感じました。 音の強さに自分が…

398 雨のち風

今回は「天気のこと」。 雨のあとは風が強いと思います。 ネットで検索すると、「そういうときもある」程度に書かれていることが多いです。雨雲通過後の気圧配置がどうなっているかによる、とかなんとか……。 それでも、外でしかなわとびしない人にとっては、…

397 ジャンプに技を差し込む

今回は「タイミングのこと」。 このまえ練習していたら、うまく技が入ったと思える瞬間がありました。 TJ、TJO、後ろSCLOあたりで感じました。トードやCLがうまく通って、しかもそこそこ勢いがあって、体も崩れず……。 今まで欲しかった感触、求め…

396 横のバランス、縦の体幹

今回は「縄の張りのこと」。 このあいだ、不思議な経験をしました。 子どもと縄を交換して跳んだとき、明らかに短いはずなのに、跳びやすかったのです。SEBOOでも、そこそこラクに跳べました。ところが、自分の縄に戻したら今ひとつ感触が良くない……。 …

395 横上げTJは高度な手抜き

今回は「TJのこと」。 足を横に上げるTJがあります。 最初に見たのは、香港の選手の演技だったと思います。最近は、香港の選手以外にもこのスタイルで跳ぶ人は出てきてますね。 僕がこの「横上げTJ」に持っている印象は、1つは、見るからに上手だなと…

394 ミッテランの帽子

今回は「きっかけのこと」。 たとえばそれが、なわとびのトップ選手で、置き忘れたのが縄だったら。 『ミッテランの帽子』というフランスの小説があるそうで、このまえ、新聞の書評欄で見かけました。 たまたまレストランに現れた大統領が置き忘れた帽子を、…

393 レベルのマリオネット

今回は「ルールのこと」。 レベルが下がる? なわとびの世界団体の統合によるルール改正をおかもんさんがブログで解説してくださっているのを毎回読んでいます。 僕は、競技には関わりがないんですが、ここだけは二度読んでいったん考えました。 レベルはWJR…

392 グリップを真横に

今回は「手元のこと」。 最近気になるのはグリップの角度です。 どうやったら縄がきれいに回るだろうと、いろんな人の動画を見ていると、SEBOOやSトードOOのOOでグリップが横を向いているのが目につきます。 グリップが横を向けば縄が張りやすい。…

391 わきの下のデルタ

今回は「わきのこと」。 前回書いた手首の話といっしょに出てくる話があります。 「わきをしめる」は違います、という言葉。 手首の話では、ダメと言うからには、「ダメのメカニズム」が理由としてあるだろうと書きました。手首なら、手元で回しすぎて縄に力…

390 手首の問題

今回は「手首のこと」。 「手首で回そう」は違います、という話が見られるようになってきました。 僕もその話を見てからは、手首だけではブレやすい、のような話を書くようになりました。でも、それだけでは大ざっぱに思えます。 ダメと言うからには、理由 ―…

389 ドリルとねじれ

今回は「ねじれのこと」。 はじめしゃちょーさんのなわとび動画がおすすめに出てきたので、見てみました。 【高速】電動ドリルでなわとびしたら何重跳びできるの? - YouTube 「回りすぎて追いつかない!」みたいなすごい映像への期待もあったんで…

388 インパクトの位置

今回は「回し方のこと」。 軌道をイメージするようになってから、改めて気になったことです。 1.どこで力を入れればいいのか?2.サイドスイングから始まったときはどうか? 特に多回旋のように何度も縄が回る技では、ほぼ技の入りで直面する問題でしょう…

387 迷いの森のSとS

今回は「サイドスイングのこと」。 回らない、回しきれない、という壁には、だれもが突き当たると思います。 最近の自分の実感ですが、サイドスイングから起こる回しきれなさの原因が2つ、見えた気がします。 1.足の下までしか縄を回せていない。2.かが…

386 幼い子は縄を背負う

今回は「回し方のこと」。 前回、引いて回す回し方のことを書きました。 腕を引きすぎると、縄も体の前で引っぱられて、軌道が体に近すぎるからよくない、という話でした。これは体の前のできごとですが、「体の上」でも起こるんじゃないかな、と思います。 …

385 出す回し方、引く回し方

今回は「回し方のこと」。 前回、跳ぶと後ろに下がってしまう理由を考えました。 あとで気づいたんですが、要するに「つま先を上げて跳んでいる」から起こる話なんですね。くの字跳びほど極端ではないにしても、跳び方はまだ問題ありです。 その一方で、回し…

384 足は地面に残りたい

今回は「ジャンプのこと」。 「地に足をつけていたいんだよ、人は。そこは仕方ないんだ」「でも、それでも跳びたいんだ」「あのね、人は鳥じゃないんだから」 続きは最後に書きます。 ジャンプできなくなってきたなと思います。 年齢的な力の低下もあります…

383 空中のバランス

今回は「支えのこと」。 空中で人は動けないなと思います。 前回書いた、サイドスイングから次のフォームへの流れは、縄を意識して感じられる瞬間が増えてきました。でも、次のフォームに入ると途端に不安定になります。 サイドスイングのあとは、ほぼジャン…

382 Sが縮まるとき

今回は「サイドスイングのこと」。 どうしてサイドスイングがあんなに短いのか? 上手な人の動画を見て、たまに感じていたことです。 「短い」と表現したのは、前回の話のように軌道を描いてみると、サイドスイングが自分のイメージよりもはるかに短い線で描…

381 空を描く

今回は「軌道のこと」。 新年といえば書きぞめ。 ―― で、あることを思い出しました。 縄の軌道は空中に何を描いているのか? 年末に手と縄の関係を考えていたときに浮かんだことです。 たとえばTJだとこうなります。 「イラストにしなくても感覚・イメージ…

380 雪の犬

今回は「なわとびのこと」。 ブログを始めて5年たちました。 なわとび自体は6年くらいでしょうか。すでに、いつ「単縄」を始めたのか記憶がはっきりしていません……。 「フリースタイルを跳んでる人たちみたいに自由に跳び回ってみたいなあ」「できるように…

379 百科の切れ端

今回は「ブログのこと」。 まずは紹介から。 なわとびは上手な人ほど、手首を上手に使って小さく回していることは間違いないけど、前とびもまだの子に小さく回させるのは間違い。逆に跳べないし上達も遅くなります。最初は大きく回すように伝えてます。そし…