とびまるの「なわとびのこと」

なわとびのことを書いたり描いたりするブログ。

なわとびのこと

292 手長足長・・・胴長。

今回は「座高のこと」。 すこし前まで、学校の身体検査には「座高」という項目がありました。 「腰から上の高さ」のことなんですが、現在は測っていません。学校保健安全法の改正で、2016年から除外されたのです。その理由がまた大胆で、測っても意味がない…

291 なわとびでオノマトペ(2)

今回も「擬音のこと」。 このへんからマンガ限定に近いですが……。 その3。描き文字そのものを工夫できないか? 『ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章』などを描いている藤原カムイというかたが、以前、『精霊の守り人』という小説をマンガ化しました。そのと…

290 なわとびでオノマトペ(1)

今回は「擬音のこと」。 擬音やオノマトペとは、「文字で表現した音」のことです。 「ぱらぱら」降る雨とか、野球マンガで「カキーン」とボールを打つ音とか。それぞれ、雨が小降りだったり、バットが金属製だったり、イメージがわきます。音をどう表現する…

289 孤独な群生相

今回は「バッタのこと」。 『バッタを倒しにアフリカへ』という本がひそかに売れているようです。 前野ウルド浩太郎さんという昆虫学者の書いた本で、光文社新書から出ています。バッタの魅力に取りつかれて、大量のバッタから被害を受けているアフリカの国…

288 前は現れ後ろは消える

今回も「回し方のこと」。 前回、回す位置を4つに分けて描いたら、あることに気づきました。 それがタイトルです。つまり、前回しは後ろから縄が現れて、後ろ回しは後ろに縄が消えていく。 当たり前なこの話に、すこしスポットを当ててみようと思います。 …

286 なぜなわとびは施設に断わられるのか

今回は「施設のこと」。 縄のまっちゃんこと粕尾将一さんのブログで、この話を読みました。 この問題は自分も過去に直面して、書いたことがあります。 238 床にキズが玉にキズ(1)239 床にキズが玉にキズ(2)243 アウト 今のところ近辺では、屋内で練習…

284 夏の終わりに

今回は「演技のこと」。 8月の終わりに、学校の夏祭りでなわとび演技をしました。 使用曲はゲーム音楽アレンジアルバム『Last SQ』から「世界変革の時~クロノ・トリガー」。もうずっとゲーム音楽です。ただ、夏祭りは和風テイストのものを選んでいたので、…

283 脱力したけれど

今回は「演技のこと」。 学校の夏祭りで演技をしました。 今年もうまくいったとは言えないんですが、あまりなかったパターンの失敗でした。 前回書いたように動画は公開してません。もし公開したとしたら、過去に動画を見た人はあることに気づいたかもしれま…

282 裏返るヤンテ

今回は「演技のこと」。 今までで一番気持ちが乗ってこない演技前です。 今年も学校の夏祭りの職員出し物でなわとび演技をする予定です。ここ3~4か月、新しい演技を作って練習してきました。例によってノーミスにはほど遠かったのが、5ミス以内に収まる…

271 おじゃまタクシー

今回は「ズレのこと」。 あれ、5日ペースはずした……。まったく気づいてませんでした。 TJ系の連続で練習するようになってから、変なクセが出てきました。 左足を上げる技の次は、右足が反射的に上がるのです。 TJ系は片足を上げて跳ぶ技です。普通のT…

269 ある日のなわとび日記

今回は「練習風景のこと」。 たまには、練習風景をそのまま書いてみます。 暑くなってきて、いつもの公園に行くのは日が傾いて木陰ができる時間になってから。虫よけスプレーをかけて家を出ます(けっこう蚊がいる)。途中で歩道橋を渡ると、ちょうど足腰の…

265 言葉じゃない

今回は「アドバイスのこと」。 なわとびを教えているとき、自分はなんのアドバイスをしているのか。 最近、あやとびを子どもに教えていて、そう思いました。 たまたま近い時期に、あやとびを子どもに教えました。 学校で後ろあやとび。児童クラブで前あやと…

261 ダンジョジョダンジョ

今回は「男女のこと」。 なわとび選手って、女性が少ない気がします。 いろんな大会の男女比を出してみたわけではないのですが、少なくとも全日本の中高生以上の出場者は男子が圧倒的に多いです。動画も、跳んでる女性はそれなりにいるものの、男性が多いと…

258 回せなければ跳べないのか

今回は「回す力のこと」。 ずっと、リリースからのキャッチができません。 自分の動画だと、それっぽいことをやって見せています。でも、演技の中だからそれっぽく見えるのを忘れてはいけません。演出なしのリリースは、その場に立ったまま、動かずにリリー…

243 アウト

今回は「練習場所のこと」。 室内で練習できる場所がなくなりました。 このまえ、238と239で練習場所が見つからない話を書きました。室内でのなわとびは床の傷などを心配されるので、予防策がないと難しいという話でした。 それでも、マットを敷けばまだ利用…

241 小学生なわとびスピードコンテスト予選

今回は「大会のこと」。 近場でなわとび大会があったので見に行ってきました。 JJRP|特定非営利活動法人・日本なわとびプロジェクト 名古屋にある日本なわとびプロジェクト(JJRP)が主催している小学生スピードコンテストです。豊橋市であった第二予選…

239 床にキズが玉にキズ(2)

今回も「練習場所のこと」。 練習場所を探して気になったことが3つ。 前回は、一番問題になる「床が傷つく」話を書きました(実際、どこまで傷つくのかはわかりませんが)。残る2つについても書きたいと思います。 2.1人では厳しい 費用、準備、環境な…

238 床にキズが玉にキズ(1)

今回は「練習場所のこと」。 屋内の練習場所がありません。 ずっと公園で跳んできました。最近、いくつか屋内で跳べるような施設を探してみたのですが、ほとんどなしで終わりました。 気になったことを、3つ書こうと思います。今回は必ず出てくる1つの問題…

237 Leap the precipice(2)

今回も「演技のこと」。 前回は新しく公開した演技の感想でした。 今回は「評価」のような感想を書こうと思います。 1.跳び方はよくなったのか? 腕が横に開きすぎ。交差系だと前にも開きすぎ。体をかがめすぎ。 ……というわけで、去年とあまり変わってない…

236 Leap the precipice(1)

今回は「演技のこと」。 今やっている演技を公開しました。 (動画はその後削除したので今は見られません。すみません) いつものように演技前がゲーム『聖剣伝説3』の「Not Awaken」。使用曲はゲーム『トラスティベル~ショパンの夢~』から「Leap the pre…

234 モンキーのカーテンフォール

今回は「1年のこと」。 ブログを始めて3年、なわとびを始めて5年がたちました。 去年の最後のブログで、自分の実力に行きづまりを感じた話を書きました。1年たった今はどうかというと――、 あんまり変わりませんでした……。 この1年で試したことや気づい…

223 最後のわら

今回は「不連続のこと」。 不連続。続かないということです。 自分がうまく跳べないのには、「続かない」ところに原因があるように思えました。 個人的な問題なのかもしれませんが、今回はそんなことを書いてみます。 1つは体のクセの問題。 以前、142 体幹…

222 新なわとびに続く道(2)

今回は「単縄のこと」。 前回、なわとびは新体操にもつながりがある話を書きました。 新体操が従来の体操と違うものとして「新」体操と名づけられたなら、単縄やフリースタイルは「新」なわとびと言えるかも……なんてことも書きました。 ところが、新しいと言…

221 新なわとびに続く道(1)

今回は「新体操のこと」。 今まで知らなかったんですが、新体操にもロープがあるんですね……。 なわとびの、特に演技的な部分に新体操のイメージはあったんですが、僕はとりあえず、体が柔らかい動きがあれば新体操っぽいと思ってしまうくらいでした(笑)。…

220 なわとび一人旅

今回は「児童館のこと」。 月1回の児童館のクラブを、今月は1人でやることになりました。 もう1人が急な都合でその日はお休みされたんですが、それに加えて、いろいろと思ってもみないことがあった日でした。 その1・人身事故で電車が止まる いきなり出…

215 ソノウソホント

今回は「空想のこと」。 すこし前に、三崎亜記さんの『玉磨き』という本を読みました。 ただひたすらに玉を磨き続けることを伝統産業にしている人、通勤用の観覧車に乗る人とそれを造った人、何に使われるのかわからない部品を分担して作っている人……などを…

214 かわしとびに挑む男

今回は「児童館のこと」。 児童館のなわとびクラブで子どもになわとびを教えています。 教えている、というと聞こえはいいのですが、202 クラブ×クラブ(2)で書いたように、遊んでいる時間のほうが多いです。 最近、改めて気づいたことがあって、A児童館…

211 あの子に安心を

今回は「アドバイスのこと」。 以前、こんな話を読みました。 おぼれて泳ぐのが怖くなってしまったお子さんが、もう一度泳げるようになるまでのお話です。怖かった気持ちを乗り越えたお子さんにも、ずっと心配していたお母さんにも、よかったねと言ってあげ…

210 夏祭り・薄闇のパフォーマンス

今回は「演技のこと」。 学校の夏祭りの職員出し物で、なわとびパフォーマンスをしてきました。 (すみません、明るさ加工はしましたが暗いので、パソコンの明るさ調整などでなんとかしてください……) (動画はその後削除したので今は見られません。すみませ…

209 天才の軽さ

今回は「腕前のこと」。 世界大会の動画をちょこちょこ見ていて、改めて感じたことがありました。 多少雑でも、必死に跳んでいる姿は「観客」として見ごたえがあります。一方、ささっと後ろ回しの背面クロスクロスをしているとか、軽々と4重系を跳んでいる…