とびまるの「なわとびのこと」

なわとびのことを書いたり描いたりするブログ。

技術のこと

071 手が先か、足が先か(2)

今回は「タイミングのこと」。 なわとびは、回すことが優先なのか、跳ぶことが優先なのか? 前回書いたのは「跳ぶことが優先」で、理由として、安定したフォームで跳べるから、という話でした。 今回は「手が先」と言える場合。いったい、どんな場面でしょう…

070 手が先か、足が先か(1)

今回は「フォームのこと」。 人前のフリースタイルで失敗して以来、自分のフォームが気になっています。安定して跳ぶには、どうしたらいいのか。そんなことを考えているうちに、ある疑問がわきました。 なわとびって、手が先なのか、足が先なのか? これは、…

055 ゆっくり跳びを制する者は、高さを制する

今回は「ジャンプ力のこと」。 045 ジャンプを押さえていませんか? の続編のような話。 045は、前屈みや手の動きがジャンプの邪魔になるのでは?という話でした。でも、前屈みはともかく、何か技をするとなると、手の動きは避けられません。そんなときでも…

050 イメージの3ステップ

今回は「イメージのこと」。 新しい技を覚えるときや、自分のフォームを改良するときなど、実際に跳ぶ前に欠かせないものがある。イメージだ。多くの人は、理想を頭の中で再現しているのではないだろうか。 僕も数えきれないほどイメージを浮かべてきた。考…

045 ジャンプを押さえていませんか?

今回は「ジャンプ力のこと」。 最近のなわとび界の話題と言えば、森口明利さんが6重跳び2回と、5重跳び21回に成功したこと。Twitterやブログでみんなが拍手している。特に6重跳びは、これまで成功した人はいなかったそうだ。多回旋の限界に挑むもりぞ…

038 なわとび台はバランス台

今回は「なわとび台のこと」。 なわとび台、というと、「より高く跳ぶためのもの」というイメージがあるだろう。ぱっと見でそれとわかる。でも、台で跳ぶ子どもを何度も見ているうちに、なわとび台にはもう1つの効果があることに気づいた。 それは「バラン…