読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とびまるの「なわとびのこと」

なわとびのことを書いたり描いたりするブログ。

005 なわとびすとの夢、フリースタイル(2)

今回も「フリースタイルのこと」。フリースタイルの動画をもう1つ。

 


【初市外活動】フリースタイルなわとび【ルパン】 - YouTube

 

これは佐藤拓広さんという大学生の演技。どこかで依頼されて行ったものかな?
なんでこれが好きなのかというと、こんなにリリース系の技をきれいに決めているのを見たのは初めてだったから。リリースというのは、見てのとおり、なわとびのグリップを離して空中を動かす技。新体操のリボンのイメージだけど、縄の長さもあって結構ダイナミック。あの長い縄が、地面につかずに宙をくるくる回るのは心地よい驚きだった。何より、キャッチ、技につなげる流れが洗練されていて美しい。これ、こんなに上手にはできないけど、それなりに回せるようになると気持ちいいです(笑)。

あと、ある意味こっちのほうが理由として大きいのだけれど……。

撮影者なのか観客なのか、リリース系の技が決まるあたりで「おお~」と声と笑いが入っているのが好きなのだ。自分が跳んでるわけじゃないのに、わがことのようにうれしかった。なわとびってすごいでしょ!と思わず動画の中の観客に言いたくなるほど熱くなった。

そして、そのうち思ったのだ。僕も、こうやってなわとびで人に楽しい驚きを感じさせてみたいと。そういう意味でも、この動画の印象は大きい。一時期、練習前には、まるでお守りのように、必ずこの佐藤さんの演技を見てました。

Youtubeには、この佐藤さんを取材したドキュメンタリーがある。九州方面の放映番組「ココカラプロジェクト」の転載版? 1人の少年がなわとびにかけた夢、青年になって追い続ける夢。個人のなわとびだけで作られたドキュメンタリーって初めて見た。これもまた、なわとびを握った僕にとって、「僕も僕なりに」と気持ちを深めた大切なきっかけだった。

f:id:tobimaru-jdr:20131231204129j:plain

こんなところからですが、佐藤さん、ありがとう。これからも夢を追い続けてください。

というわけで2013年はこれで締め。
新年は、自分自身の「フリースタイルのこと」で始めたいと思います。
まずは5日間でしたが、読んでくださったかた、ありがとうございました!