とびまるの「なわとびのこと」

なわとびのことを書いたり描いたりするブログ。

138 前向きに後ろ向き

今回は「後ろ回しのこと」。

前回、今年のアジア選手権1位(たぶん)のフリースタイルに触れたところ、縄跳びパフォーマーの粕尾将一さんも、同じ動画についてブログで語られていました。

縄跳び競技で次に来るのは後方系。人が「やりたがらない」に気付けるかが勝負。 - なわとび1本で何でもできるのだ

前回のイラストは後ろSCCCのシーンを見て描きましたが、プロの目から見ても、あそこは目を引く場面だったようですね。実は、あの場面、あまりにスムーズに跳んでいるので、最初はSCCくらいに思ってました(笑)。でも、勢いが半端じゃなくて、違う、これ4重まで行ってる! と驚いたという……。

後ろ回しは、前回しに比べると、少なくとも1段階は難易度がアップする気がします。それをスムーズにこなしているので、あのシーンが目についたのかもしれませんね。


後ろ回しを演技に入れる動機は、いろいろあると思います。

僕も今の演技は結構後方系(背面含めて)が入ってます。おおざっぱに数えてみたら、 前:後ろ = 33:25 でした。43%くらい後ろ回しの関わった技をやっていることになります。意外と多いですね……。

今回の演技になるまで、後ろの背面系をすこしずつ覚えていたので入れた、というのが増えた理由の1つ。あとは、もともとリリースからつなげると後ろに回しがちになるクセがあるとか、後ろSCは子どものころから妙に跳びやすかったとか、体のクセから来ている部分も多いです。

046 後ろ回しのインパクト以来、後ろ回しを意識している部分はあって、最初に後ろEBを左右で跳んでいるのもそうですね。かえし跳びの後ろ回しで、さらに縄が通っているというのが、小学生にとって「なんか上手」に見えるぎりぎりの線かなと思って、1回で終わらないように、わざと繰り返しで入れています。

競技だと、今のところは、3連続で入れると得点になるルールがあったり、後ろ回しの背面系は1レベル上で採点されたりするので、後ろ回しを入れなきゃ話にならない、みたいな切実な理由もあるのかもしれません。


繰り返しますけど、後ろ回しって難易度が1個上の印象なんですよ。

後ろ3重跳び、なかなか跳べません。最高で5回ですが、平均だと、1回前後です。とにかく、これ!という回転をつかめません。練習数だと、意識しない限り前回しの比率が多くなって、常に後ろ回しは技術的に後を追う感じになります。そもそも、回し方だけでも、前回しの「振り下ろす」感じとは別物ですしね……。

f:id:tobimaru-jdr:20150827223105j:plain

引き上げるというより振り上げる!ですかね。文字入れを間違えたような(笑)。

後ろ回しって、この「初速」で決まってくるんでしょうか。特に、後ろのレッグオーバーや背面系で多回旋をやろうとすると、ここでスピードがないと、交差に入るまでに時間が足りない(交差を回しきれない)気がします。

少なくとも僕にとっては難易度+1ですね(笑)。

競技ルールも、「後方回旋で4回旋以上の場合1レベル上がる」になったら、できる人はどんどん入れてくるんでしょうか。目指す人も出てくるのかもしれませんね。ルールが技術の幅を広める、とでも言うんでしょうか。

演技を考えるとき、フリースタイルのルールは、ポイントを押さえるとそれだけでそれなりの演技になると思っています。特に、構成とかちゃんと入れていくと、バラエティ豊かになりますもんね。

僕自身は、競技ルールと離れた演技をしているものの、ルールが人を育てている面もあるのかなと思います。後ろ回しのルール上の多少のアドバンテージで、多くの人が後ろ回しの技術を磨いてきたのかもしれません。

そこで終わりにならないように、後ろ回しを使っていきたいですね。