とびまるの「なわとびのこと」

なわとびのことを書いたり描いたりするブログ。

170 後ろあやとび(2)

今回も「後ろあやとびのこと」。

前回は、交差をして、後ろに回して跳ぶまでを書きました。

あやとびは、交差とびと開きとび(普通に腕を開いて跳ぶ)の繰り返しですが、前回の「交差に入る」だけでなく、「交差を開く」という動きも必要です。

子どもの姿を見ても、先生の教えづらさを見ても、後ろあやとびだと、この「交差を開く」が壁なのは間違いありません。今回は、ここの話です。


ポイントその1。交差を開く前に手を下げる。

交差を開くと言ってますが、手を真横に広げるわけではありません。実際は、縄の動きに合わせて、手を下から上に上げながら、開いています。

f:id:tobimaru-jdr:20160216220556j:plain

交差した状態から、力を抜いて手を下げると、自然に手が開きます。そこから縄を後ろに回せば、今度は手が上がります。

これが、「交差を開くときに手が下から上に上がる」状態です。

交差から、手を真横に開いたり、開きながら上げたりするよりも、腕に負担がなくて自然な動きになります。

縄の動きを考えても、まず足の「下」を通って、それから「上がる」わけですから、手の動きと縄の動きが合っているのがわかりますよね。

慣れてくると、そんなに手を下げずに交差を開けるようになります。交差のときに後ろに向けた親指を、そのまま下に向けるくらいでできてしまいます。でも、これは、縄の動きに合わせて手首を下に向けていて、グリップの先(縄の出ているほう)は下がっているわけで、やっぱり下から上に動いています。


ポイントその2。「跳んでから」交差を開く。

前回、交差のあとの跳ぶ部分で、「跳ぶときに手を上げない」と書きました。せっかく足の下に来ている縄まで上がって(高くなって)しまって、ひっかかりやすいからです。

後ろあやとびで苦戦している子を見ていると、交差を開くタイミングが早すぎる場合が多いです。せっかく交差したのに、跳ぶときにもう開きはじめて、足にからまる感じですね。

縄が足の下を通過してから交差を開いても、十分間に合います。まずは、交差したまま、ちゃんと跳び終わるまで待ちましょう。

慣れてくると、縄が足の下を通るとき(跳んでいるとき)に、ポイントその1で書いた交差を開く前の「手が下がる」動きをします。跳びながら手を下げて、跳び終わったらもう交差を開きはじめているような流れになります。


あとは、跳びながら「交差に入る」「交差を開く」ができるかどうかですね。

後ろあやとびで混乱しやすいのは、縄を後ろに回す、見えない縄を跳ぶ、交差する(or開く)、の3つの動作を順番にやらなければいけなくて、頭と体が追いつかないのが一番の理由だと思います。

上手な人はこの流れが身についていて、「跳びながら交差に入りはじめる」みたいに、1つの動作の終わりに、次の動作の始まりが重なるところまで上手になっています。

上手な人を見本にするのもいいですが、上手な人と同じタイミングで跳ぼうとするのは、最初はやめたほうがいいでしょう。そこで修正しながらできる人もいるとは思います。でも、できない人も多いと思います。

上で書いた3つの動作をつなげられなくて、形にならないからです。

まずは、「後ろに回す→跳ぶ」「跳ぶ→交差する(開く)」「交差する(開く)→後ろに回す」の3つくらいに分けて、覚えるといいと思います。

それができてきたら、途中で確かめるために動きを止めていいので、つなげてみます。たとえば、跳んだところで交差に移れないなら、「跳んで縄を止める→交差する→後ろに回す」の3段階にしてみるとか……。

実際、スムーズじゃなくても跳べるようになってきた子は、縄が足の下を通ってから、地面でふんばるようにして手の形を作って、「交差(開く)ができるのを待ってから」次の1回を跳んでいます。苦しそうな跳び方に見えても、どうやったら跳べるのかがわかっているから、跳べるんです。

今回書いたように、縄の上下に合わせて、手も上下させるのが、動きが大げさになって
も体で流れを感じやすいポイントです。

文字ばかりでどこまで伝わるのかわかりませんが、いろいろ書いた一部でも、誰かのヒントになって、跳べた! につながることを願ってます。