とびまるの「なわとびのこと」

なわとびのことを書いたり描いたりするブログ。

177 誰のためのアクセント?

今回は「アクセントのこと」。

なわとびのフリースタイルの採点基準の中に、アクセントという項目があります。

選曲した曲の(それと認識できる)特別な箇所で、3重跳びやダブルバウンスなどの特別な動きがなされているか

――全日本ロープスキッピング選手権大会 シングルロープフリースタイル ルールブックより

これだけ読むと、「ジャン!と鳴ったときにバン!と跳ぶ」イメージです。おおざっぱすぎかな(笑)。細かくは説明がないので、これくらいのものだと思ってました。

自分で演技するときにアクセントのことを考えるようになったのは、今の演技がほぼ初めてです。でも、動画で見てみたら、自分が思っていたほど、アクセントに見えませんでした。


このへんが理由かな、と思ったことがいくつかあって、

・着地がきれいに見えるかどうか

上手な人の動画を見ると、ジャン!と鳴ったときに合わせて着地しているように見えます。縄の動きが速くて見えなくても、跳んで着地する動きはよく見えます。アクセントに合っているかどうかがわかりやすいです。僕の跳び方だと、着地がうまく合っているように見えません。

・技自体がきれいかどうか

今書いた着地の話は、そもそもきれいに技を跳べていれば、着地もきれいに決まります。着地のタイミングを狙う余裕があるからだと思います。特に、アクセントが続く場面だと、フォームを崩さずに連続して技を跳べないと、1つ1つのアクセントで技も着地も決まりません。このへん、技が安定しない自分は、技を跳ぶだけで必死で、アクセントに合わせる余裕がないのがよくわかります。

・そもそもアクセントなのか

動画で自分の演技を見てみると、そこまでジャン!と鳴っている感じがしません。ある音に合わそうとするうちに、自分の中でだけ、その音の特別さが大きくなってるんじゃないかと思います。他の人が見ると、ただ、音に合わせているだけで、ルールブックにある「(それと認識できる)特別な箇所」というほど特別な音には聞こえない、という状態ですね。自分にとってのアクセントでしかない、ということです。


そんなわけで、わかりやすい音と、その瞬間にきっちり跳べる腕前が必要みたいです。

f:id:tobimaru-jdr:20160319224721j:plain

実際にアクセントを意識するまでは、僕の演技作りは、音の感じに合わせて技を当てはめてみるパターンでした。今の演技も、おおまかに作るまではそのパターンで、作っている途中でアクセントの存在を知って、なんとなく試してみた感じです。

で、その大変さに今さら気づいたのでした(笑)。

もともと音に合わせるのは得意ではありません。技を跳ぶだけでも余裕がないからです。着地の話のように、タイミングを合わせられないんですね。

フリースタイルのルールには、「ビートに合っているか」という基準もあります。アクセントは、ビートの中でも特別な音に合わせている動画をよく見ます。つまり、ビートに合わせられないと、アクセントなんか狙えないのでしょう。

さらに、狙いどおりにそこで技を決められる安定感。狙って技を決めるというだけでも、けっこうレベルを要求される話だということに、改めて気づきました。

自分が楽しむために、自分の気持ちのいい形でアクセントを決めるのもいいですが、誰にも見せない演技……というわけではありません。動画で見たときに、自分ですらアクセントに見えないんじゃ、まだまだです。

せめて、動画で見たときに、自分としては納得できるようなところまでは目指してみたいですね。技の精度が上がらなくて、ビートに追いつけないことばかりなので、できないままで終わるかもしれませんが……。

今の僕がアクセントを漢字で書いたら、悪戦苦闘になると思います(笑)。