読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とびまるの「なわとびのこと」

なわとびのことを書いたり描いたりするブログ。

183 1をつかむ話

今回は「1回のこと」。

「側振とびって、どこで1回?」

去年のなわとびシーズンに、子どもに聞かれました。

「え? 横に回して、交差で跳んで1回でしょ?」
「だよね!」

今まで、そういう疑問を持ったことがありませんでした。その子も、返事からして、もともと僕と同じ基準で1回だと思っていたのだと思います。それ以外の1回なんて、あまり考えてませんでした。

でも、意外とあるみたいです。


ちょうど同じころ、まっちゃんのブログで、こんな記事がありました。

これまたびっくりでした。子どものころも、学校で働くようになってからも、まっちゃんのブログにある「「前回し→交差回し」のセットで1回」のあやとびが当然な中で過ごしてきたので、「ジャンプの回数でかぞえる」ところもあるのにびっくり。

そりゃあ、覚えるために技を分解して1つずつ身につけることはよくあります。でもですね、だからって交差と開くをそれぞれ1回で数えて、回数まで分解しちゃだめでしょ!……みたいな気持ちでした(笑)。

数え方の違いで跳ぶ難しさが変わるので、習熟度に合った数え方(跳び方)を選ぶのも効果的だそうです。

とはいえ、ほとんどの学校(先生)は、前回し+交差回しのスタンダードな数え方だけを基準にして終わりだと思います。スタンダードな基準があれば、ひとまずそれを設定して、「基準に従えば安心」みたいなところがあります。

その一方で、できない子、できる子の次の手立てを欲しがっているのも事実。

どうやったら跳べるようになるか、どうやったら跳べた子がヒマにならないか、という課題は、なわとびに限らず、いろんな場面で見られます。

やりかたの1つとして、数え方を使ってみるのもおもしろいでしょうね。始めから手段として使うのではなく、困ったときにいくつかあるひきだしから取り出す程度で……って、その「いくつか」を持っている時点で十分なわとびに詳しいですが(笑)。


最初の側振とびの数え方を聞いた子は、基準自体が不安だったのだと思います。

せっかくなわとびカードで回数をつけたいのに、ちょっと迷ったのかもしれません。サイドスイングして交差で1回、が普通の数え方だと思いますが、普通は普通なりに1回の基準を示してあげることで、1回をめざす子、何回跳べるか挑戦する子を生みだします。あの子はどちらだったでしょうか?

なわとびカードの回数や技の種類が最終目標になりがちな学校で、数え方は1つ決めればそれでおしまいです。あまり広がる余地はありません。機会があれば、数え方だけでもいつもと違うなわとびが見えることを、伝えてみたいですね。

f:id:tobimaru-jdr:20160416225924j:plain

まっちゃんのブログにあった話も、こんなインパクトがあれば、普通に話すよりおもしろくなるかもしれません(笑)。