とびまるの「なわとびのこと」

なわとびのことを書いたり描いたりするブログ。

335 後ろはやぶさを顔に当てないために

今回は「後ろはやぶさのこと」。

すこし前、学校で後ろはやぶさに挑戦している子がいました。

教えてと言われて、見ると、かなり怖がって跳んでました

これ、すごくわかります。僕も子どものころ、練習でよく顔に当てました。1回当たると痛みで一気に怖くなるんですよね……。当時の自分の跳ぶ姿を見たことはありませんが、きっと同じようにすくんでいたと思います。

怖がるなと言ったところで顔に当たったら痛いものは痛いにきまってます。教えてなんとかできるのは技術的なこと ―― というわけで、いくつか考えました。


まず原因。手を横に開くから顔に当たる。

その子はこの影響だと思いました。

後ろはやぶさは、ほとんどの子がCO(クロス→オープン:交差→開く)で跳ぶので、交差から開くタイミングがあります。苦手な子は、ここで手を横に開くことが多いです。

2重とびもそうです。横に手を開けば縄が張って、縄の張りをつかみやすくなるので、どこかでここに落ち着く子が出てきます。

交差がまだ得意ではないせいもあるでしょうね。早く交差から解放されたくて、早めに手を開いてしまうのではないか、とも思いました。

これをやると、縄の軌道はこうなります。

f:id:tobimaru-jdr:20180517213751j:plain

開くのが早すぎる影響も入れてみました。こんなふうになるんじゃないでしょうか。


ちょうど3年前くらいに、顔に当たりやすい回し方(手の位置)を考えたことがあります。

3パターンあって、「手が下すぎ」「手が開きすぎ」「手が後ろすぎ」のどれかが多いと思っています。

怖がっている子で「手が下すぎ」はあまりありません(苦手な子はだいたい手が高い)。「手が開きすぎ」がまさに今回のケース。「手が後ろすぎ」も、縄の軌道としては「開くのが早すぎる」に近いですね。

こうして顔に来るわけです。


対策の1つは、「手を開くタイミングを遅らせる」だと思います。

上のイラストのように、縄が下から顔に向かってくることが多いので、顔より上まで縄が行ってから手を開けば、ほぼ顔には当たりません。

後ろ交差を開くとき、縄を後ろに送っているわけですが、その前に「足の下を通った縄を上げる」という流れがあります。これが上がりきらないまま手を開いてしまうので、本来頭の上を通るはずの縄がそれより低く(つまり顔の高さくらいで)回ってしまうということでしょう。

ただ、これだと、恐怖を避けるだけで跳べる技術につながるかはあやしいです。練習で、後ろあやや後ろ交差2重を試すのもいいかもしれません。

後ろあやは、交差から開くところだけ縄を速く回してみます。後ろはやぶさをゆっくりにするのは難しいので、後ろあやにレベルを落として、交差から開くところだけ部分練習してみるわけです。

後ろ交差2重は、子どもにとっては後ろはやぶさより難しい技ですが、交差を開かなくていいぶん、怖くはないのがポイントです。はやぶさとは別物に見えても、2回目の縄をどう感じ取るかは同じ。交差2重の成功より、2回旋目の感覚を知ろう――というところでしょうか。


後ろはやぶさは、普通の小学校ならほぼ最高レベルの技です。

軽く検索するだけだと説明したページは少ないです。技が難しくなるほど、言葉ではなく自分で感覚をつかむ必要があるのかもしれません。そこに加えて顔に当たる視点(?)から書いてあるページはまず見なかったので、書いてみました。

「顔に当てないように回せれば跳べるようになる」なら理想的なんですが……。