とびまるの「なわとびのこと」

なわとびのことを書いたり描いたりするブログ。

2014-01-01から1年間の記事一覧

088 年の瀬ワンイヤー

今回は「1年のこと」。 昨年末にブログを始めて、これで1年になります。ここまで読み続けてくださったかたがた、いつもありがとうございます。なわとびにしぼった内容ながら、跳ぶのも見るのも好きなおかげで、まだ続けていけそうです。 先日、はてなブロ…

087 いい道具から始めよう

今回は「とびなわのこと」。 なわとびシーズンが始まり、学校で子どもと跳んだり教えたりしています。そんな中、僕の持っているとびなわは、子どもたちに人気があります。自分の縄を持っていても、僕の縄を借りに来る子は多いです。 毎回6本持って、外に出…

086 縄を回すための「見えない重り」

今回は「遠心力のこと」。 なわとびするとき、単純ですが大切なのは「きれいに回すこと」です。縄がうまく回ってくれないことには、跳べるものも跳べません。今回はそんな話です。 タイトルと1行目で結論は出てますね。遠心力という「見えない重り」が重要…

085 縄に誇りを

今回は「自分のなわとびのこと」。 前回書いた、ひさしぶりのヒジキさんのステージ。ステージ自体は楽しかったんですが、実は帰り道は沈んでいました。なぜかといえば、ヒジキさんの前で全然技が跳べなかったから。 日程が終わって、ヒジキさんに「いっちょ…

084 冷たい小雨と熱い縄

今回は「雨のステージのこと」。 久しぶりに生山ヒジキさんのステージを見に行ってきました。昼でも10度ないような冷え込みでしたが、電車に乗ると日の光だけが差し込んであったかすぎるくらいでした。思わずうとうとして、気がつくと……。 外が暗い。 え?…

083 後ろイナズマ、わずかに走る

■ 後ろ回しは顔の前で切り替える 今回は「後ろイナズマのこと」。 075 OO、CO、CCで後ろイナズマがうまくできないと書きました。 前のイナズマはわりと続きます。COやCCに切り替えるタイミングがつかめているからです。一方、そのタイミング(特に…

082 まだまだクラブ

今回は「クラブのこと」。 先日、2回目のクラブがありました。1回目は、用意した技を子どもが跳べるように教えられず、子どもにとっていまいちな時間になってしまいました。そこで今回は、ゲーム的な時間と、なるべく順を追って到達できるように予習して臨…

081 イージュー・ジャンパー

今回は「30代のこと」。 「がっかりである。今年で、もう30歳だ。」30代と聞いて思い出すのは、マンガ『レベルE』1巻の見返しにあった、作者・冨樫義博さんの言葉。当時の僕は高校生で、この言葉を読んでも、ほとんどイメージする姿はありませんでした…

080 11月16日、名古屋

今回は「なわとびの日のこと」。 初めて、いろんな人となわとびしました。 岐阜と名古屋で主に活動されているダブルダッチスクール・クローバーさんからお誘いがあって、JRSFのライセンス認定講習と、なわとび交流会に参加してきました。 午前は講習会。主に…

079 韓国ロープは切れても跳べる

今回は「韓国ロープのこと」。 なわとびの世界で「韓国ロープ」と呼ばれている縄があります。 027で僕の持っている縄を紹介したときに、日本ロープスキッピング連盟(JRSF)から購入できるインド製のビニールロープを載せました。あのころは、その「インドロ…

078 おかもんさんの解説動画が効果抜群だった

今回は「おかもんさんの動画のこと」。 「楽しもう!なわとび」というサイトで、技の解説動画(You Tube)が公開されています。この動画が、効果抜群でした。 [楽しもう!なわとび] 左投げリリース (難易度4) - YouTube いくつもある動画のうち、僕にとって…

077 空飛ぶ ipod nano(旧型)

今回は「BGMのこと」。 「最近ね、飛ぶんですよ」「飛ぶ? 鳥か何か?」「いやipodが」「……は?」「なわとびしてると、すぽん、てね」「ipodが? なわとびですぽん?」「わかるでしょ」「わかんねえよ!」 ほとんどコントだ……。それでもわかる人はわかる…

076 技の名クロニクル

今回は「技の名前のこと」。 前回、「イナズマ」という技の組み合わせについて書きました。2重跳びはともかく、2重あや、2重交差については、通称があります。 2重あやが「はやぶさ」、2重交差は「つばめ」や「むささび」が多いでしょうか。 「はやぶさ…

075 OO、CO、CC

■ いろんな組み合わせで練習しよう 今回は「イナズマのこと」。 2重跳び、2重あや、2重交差の連続技を「イナズマ」というのだそうです。検索してもそんなに出てきませんが、その呼び名で紹介しているページがほんのすこしありました。 これ、やってみると…

074 そのドンキーは片足だ

今回は「ドンキーのこと」。 再びドンキーが跳べるようになってきました。 夏のあいだ、急にうまくいかなくなり、2週間くらい1度も成功しない時期もありました。自分の中では、もはやレベル4と化していたドンキー(ほんとはレベル2です)。 やっと気づい…

073 あれこれクラブ

今回も「クラブのこと」。 前回は、クラブで紹介した技が跳べず、子どもが満足できなかったという話でした。 紹介したのは子どもにとっての新しい動きばかり。挑戦しても、それっぽく跳べるだけで、それ以上に「失敗ばかりを体験させられる時間」になってし…

072 むずかしクラブ

今回は「クラブのこと」。 ついに、待望のクラブの時間がやってきました。 ……が、いろいろと技の準備をしたものの、子どもたちの反応は今ひとつでした。理由は次の一言に尽きます。 跳べないからつまらない。 コンセプトも、用意した技も、まずかったみたい…

071 手が先か、足が先か(2)

■ 苦手なうちは回すのが先 今回は「タイミングのこと」。 なわとびは、回すことが優先なのか、跳ぶことが優先なのか? 前回書いたのは「跳ぶことが優先」で、理由として、安定したフォームで跳べるから、という話でした。 今回は「手が先」と言える場合。い…

070 手が先か、足が先か(1)

■ 跳ぶことを先に意識して、体を安定させる 今回は「フォームのこと」。 人前のフリースタイルで失敗して以来、自分のフォームが気になっています。安定して跳ぶには、どうしたらいいのか。そんなことを考えているうちに、ある疑問がわきました。 なわとびっ…

069 しゃがみ着地で失ったもの

今回は「しゃがみ着地のこと」。 また腰を痛めてしまいました……。 今回の原因はしゃがみ着地。着地の瞬間というより、その直後でした。着地の反動で、上半身のほうが勢いよく跳ね上がって、筋が伸びたか切れたかしたんじゃないかと思います。 あくまでイメー…

068 教えあおう、なわとびクラブ

今回は「クラブのめあてのこと」。 めあて。目標。 前回のクラブ決定会で集まった子どもたちのめあてを読ませてもらいました。ほぼ2種類でした。「2重跳び○○回」と「いろんな技を覚える」。 なわとびクラブの紹介文は、「見たことのない技を跳んでみよう」…

067 16人のために

今回は「クラブ決定会のこと」。 044、057と進み、ついになわとびクラブが始まりました。 といっても、今回はクラブに入る子が決まっただけです。4~6年生が体育館に集まってクラブを選ぶ、クラブ決定会という時間が開かれました。 決まったのは16人です…

066 いろんな魅力で跳べばいい

今回は「なわとび台のこと」。 夏休みが明けて、朝晩に涼しさを感じた最近、またなわとびシーズンが近づいてきたことに気づきました。2か月以上先ですけど(笑)。 なわとびシーズンといえば、うちの小学校では、校庭の隅(でも職員室の真ん前)になわとび…

065 曲とお客と自分のテンポ

今回は「テンポのこと」。 前回、失敗だらけのフリースタイルを公開しました。 さすがに、だんだんと悔しさがわいてきて、仕事後に夜の公園に出かけて跳んでます。夜の運動場(投光器だけ)に比べれば、外灯の多い公園はまだ明るいほうですね(笑)。 それで…

064 初フリースタイル

今回は「初めての演技のこと」。 大失敗でした……。とりあえず、動画をどうぞ。 (動画はその後削除したので今は見られません。すみません) 勤務先の校区のイベントで、職員出し物として跳んだときのものです。曲は、『アンリミテッド:サガ』というゲームの…

063 緊張

今回は「演技前のこと」。 明日、初めて人前でフリースタイルを見せます。 勤務先の校区のイベントで、出し物の中に入れてもらいました。 観客はほとんど保護者と子どもですし、出し物もいろんなイベントの中のほんの30分くらい。その中の先生の出し物の1…

062 「わかる」跳び方って?

今回は「わかる跳び方のこと」。 前回、技を見せるときに、ただ大技を見せつけるだけでなく、相手にわかるような跳び方ができるといいのでは?と書きました。今回は、僕の思う「わかる跳び方」について書きたいと思います。 一言で言うと、「解説するような…

061 DとC

今回は「日常のC点のこと」。 7月下旬から8月上旬にかけて、香港で開催された世界選手権。ところどころ見てましたが、やっぱり別世界ですね……。今回書くのは、そんな世界選手権の結果を見ているうちに感じた、ちょっと別のことです。 技点で満点を出した…

060 ラップから広げよう!

今回は「アームラップのあとのこと」。 アームラップ系の話、3つめです。 ここまでは、アームラップやヒーローフィニッシュを「締め」の技として紹介しました。でも、腕に巻いた縄をそのままにはできません。当然、ほどきます。 巻いたときの逆回転ですね。…

059 ヒーローはハデに決めよう!

今回は「ヒーローフィニッシュのこと」。 前回のアームラップに続いて、応用技の登場です。 ヒーローフィニッシュ - YouTube アームラップをしながら、反対側の足を後ろから引っかけて止める、という動きになります。今の一文を読みながら、縄と体の動きが想…