とびまるの「なわとびのこと」

なわとびのことを書いたり描いたりするブログ。

578 心のリリース(2)

今回も「解放感のこと」。

プリキュアになって自分を解放した子の話から、リリースにつなげた前回。

あこがれとあきらめの中で、自分を解き放てるような瞬間がくればいいね、というような話でした。同じ『ハートキャッチプリキュア!』から、別の意味で「解放」を感じた話です。


解放があるなら、その前には束縛があります。

「笑顔が一番! …… 一番、なんだから……。
 ……でも、どうして笑顔が一番なんだっけ……?」

      ―― 『ハートキャッチプリキュア!』第14話「涙の母の日!家族の笑顔守ります!!」

過去に母親を亡くした同級生が主人公の回。「お母さんに会いたい」とぐずりつづける小さな妹をどうすることもできず、自分のほうが泣き崩れそうになったときの言葉です。涙をこらえようとする姿が胸に痛い ―― と思ったところに、笑顔の意味がその子からいなくなっていたのを知らされて、すっと影がおりてくる感覚。

このせりふが印象に残ったのは、笑顔の意味を忘れた姿が、楽しさを見失ったときの自分の気持ちと重なったからです。なわとびなら、跳べなくて、意地になって、何度でも同じ技を練習しているときがすぐに思い浮かびました。


一言で言えば、「こだわりに縛られた自分」です。

跳びたいなら、技を追求するのは必須です。でも、意地になって繰り返すうちに、「跳びたい」という最初にあった気持ちは、いつしか「跳べない」にその姿を変えてしまう。体は、いっこうに成功しない動きを何度も続け、考えても、力をこめても、縄は最後まで回ってくれない――。

技術を心の持ちようで語るのは難しいんですが、それでも、意地になる姿は「跳べない」自分を打開するためでしかありません。たとえ、成功さえすれば「跳びたい」自分に追いつけるのだとしても、残した足跡は、何か息苦しい形をしています。

笑顔を作ることに縛られて、なんのための笑顔だったか忘れてしまったあの子。本当は切実な理由があったのですが、笑顔という手段が、笑顔でさえいれば …… という向き合いかたに縛ってしまった一面もあったんじゃないかと思えました。笑顔の裏で、ななみは、本人も気づかない形で泣いていたのかもしれません。

この子の境遇と重ねてしまうのは乱暴ですが、自分の中に押しこめて、忘れてしまうつらさを呼び起こされたシーンでした。


前回書いた解放は、あきらめを振り切ってあこがれに向かう姿でした。

なら、今回振り切るのはこだわりですし、向かう先には、やっぱりあこがれが広がっていてほしい。「跳べない」に気持ちが枯れかけてしまう前に、「跳びたい」気持ちを思いだして、そのための練習・挑戦なんだと気持ちを向けることが、自分への思いやりだし、ひそかな解放なのだと思います。

ハートキャッチプリキュア!』の最終決戦で、敵の幹部と一騎打ちするシーンがあります。強さだけを、美しさだけを求めた、ストーリーを通した敵の2人。この2人が、初めて主人公側の言葉を認めて、でも、「俺はそれを分かるわけにはいかんぜよ!」「もう今さら、後戻りはできない!」と言いきる姿が悲しかった。こだわりはあるけれど、あこがれはどこにあるのだろうという苦しさを、全力で背負っているようなその姿に涙が出たのは、自分にも意地になって失った時間があったからでしょう。


母の日の話。終盤で、ななみはなんのための笑顔だったか思いだします。

その場を切り抜けるための笑顔ではなく、なんのための笑顔だったのか、思い出を取り戻したあとの笑顔。それが、前回に続いてもう1つ感じた「解放」でした。妹から贈り物をもらって笑顔を見せる姿は、幸せを願いたくなるラストシーンでした。

f:id:tobimaru-jdr:20210913225224j:plain

みんなでリリース。忘れかけた気持ちを、ときには思いだして解き放てますように。