とびまるの「なわとびのこと」

なわとびのことを書いたり描いたりするブログ。

596 天使の遺言

今回は「終わりのこと」。

先月、足のつめがはがれました。

10月にしたケガの通院はもう済んでました。いつものように公園で練習して家に帰ってから、なんだか指の先がもぞもぞするなと思ったら、ガーゼの下で子どもの歯みたいにつめがゆるんでました……。

すこしずつはがれていたようで、痛みはありませんでした。そして、いつのまにか新しいつめがすこしだけ顔を出していて、もうすぐ1cmになります。まるで、指の先に赤ちゃんがいるみたいです。

586 指のこえ でもすこしふれましたが、当時、跳べないままになった自分を想像しました。足の指がどうなるかわからない状況は、それなりに不安でした。何度も痛めた腰も、ずっと不安の種です。そういうプレッシャーの陰には、いつも、「いつまでなわとびしていられるんだろう?」という気持ちが息をつめています。


そのころ、とあるゲームがリメイクされたのを知りました。

アクトレイザー』という、スーパーファミコン初期のアクションゲームです。当時、続編の『2』までプレイしました。『2』は海外向けだったそうで、クリエイションモードがなくなって、筋骨隆々とした神さまが戦うアクションモードに特化していて、日本での評判はあまりよくなかったと聞いています。

ただ、ケガに合わせて思いだしたシーンがありました。終盤、最後の戦いに降り立った敵地で、居城の残骸(ざんがい)とともに崩れ落ちていた天使たち。その1人が、主人公(神)に語りかけてきます。

神さま・・・

人は 死ぬと ながい年月をへて
あらたな いのちに 生まれかわります。

では われわれが いきをひきとると
どこへ いくのでしょう。

神さまと であったころは いつも
そのことを かんがえていました・・・

 ―― 『アクトレイザー2 沈黙への聖戦』(エニックス


数年前に、プレイ動画でひさしぶりにこのシーンを見たとき、一時停止した覚えがあります。なんとなく永遠のイメージがあるはずの、天使の死と行く末。そのころ、なわとびで自分の腕前に限界を感じていたこともあって、不意に、なわとびする自分の姿が「薄く」なるような想像をしました。自信のなさが、なわとびの終わりをイメージしてしまったのです。


今考えると、わりと頭(ず)が高い想像でした。

だって、天使ですよ。神の従者。その最期と自分のなわとびのイメージを重ねるとか、そこまで自分のなわとびは神々しいものではないだろ? と。でも、それでも――。

それでもやはり、自分が好きになったものは、自分の中では「光」でした。

神とあがめるレベルでなくても、天使のような幸せを感じるもの。それが消えてしまったら、好きだった気持ちはどこへ行ってしまうのか? それとも、先に好きという気持ちが消えるから、天使は飛び去っていくのか……。

あれから数年がたって、終わりがギブアップでなく、いったんのゴール、満足だと思えるようになって、僕のなわとびは腰を落ちつけました。まだ跳べる。跳ばなくても書けるときもある ―― 技術もブログも、そしてなわとびが好きな気持ちも、過去に寄りそって優しくなでるように続けていられます。


天使のせりふは、こう続きます。

でも いまはもう わかっているつもりです。
この世から きえることは おそろしくありません・・・


僕はいったん、なわとびに満足できました。最後の戦地で、あの天使にもどこかで満たされたものがあったのかな、と今は思えます。あのゲームのエンディング、シンプルながら、映画のようなラストシーンはだれを称(たた)えていたのでしょう。だれであれ、かつて僕はその姿と光景に思わず泣きました。忘れられない思い出です。

そんなシーンをオマージュしながら、今回はこの1枚で終わります。

f:id:tobimaru-jdr:20211212221922j:plain