とびまるの「なわとびのこと」

なわとびのことを書いたり描いたりするブログ。

280 正中線は見えているか

今回は「回し方のこと」。

なわとびって、縄の中央をとらえられないと上手になれないと思うんです。

僕は体が右に傾いているせいか、縄が右にゆがみがちです。左右均等に回せないので、縄の中央がどこかわかりません。

当然、縄への力も均等に伝わっていません。右と左から力が伝わって、ちょうど中央で同じだけの力がぶつかると効率よく力が働くらしいです。これがずれると、縄の形もゆがむし、軌道がブレて安定しません。


最近、後ろのSTSOの成功率が壊滅的になりました。

特に演技の中とか、疲れが出てきたとき。どれだけやってもTSが横にそれて肩に当たるという状況が続いています。

僕は背面サイドスイングからではなく、SOの途中から背中に手を回すタイプのSTSOで、背面系のレベル5の中では、これが最初にできて、ずっと使ってきました。

縄がゆがむ理由は何度も繰り返してわかりました。やっぱり右にゆがんでいるんです。

右にゆがみすぎて、TSが前から回ってくるときに頭の上を通らずに右肩に縄が来るんです。うそみたいですけど、本当にそこまで縄が曲がってきます。

動きを止めてよくわかりました。力を入れると、TSの腕の交差がすでに右下に傾いていました。TSが通ったあと、後ろ回しで真上(時計の12時)を通らないといけない縄が、1時か2時くらいまで右にそれているのです。だから右肩に当たるのでした。

じゃあ12時にすればいい――そのはずなんですが、体がゆがんでいるので、まっすぐにするだけでキツいのです。それでも成功するには体幹をまっすぐにして、縄が頭上を通るように意識するしかありません。疲れてないときは、まだ体がぐらついていないのでできますが、そうでないときは体幹その他を意識して、なんとか成功します。


この12時の角度、空手では正中線と呼ぶそうです。

体の中央を縦に走る線ですね。よく言う体幹も、これに近いイメージだと思います。

縄がゆがむなら、縄をなんとかしようとせず、正中線を意識して回すのがいいのかもしれません。

同じように聞こえますが、すこし違います。もともと縄がゆがむのは、回す技術が足りないから。それをなんとかしようとしても、縄をまっすぐ回せるとは限りません。

基準がないからです。ここで基準になるのが、正中線なわけです。体の中央。それを意識するのは、縄の中央にかかっている力を意識するのと同じです。こうすることで、縄のゆがみも修正されていくのかな……と。


ただし、これでも僕はひっかかります。

縄のゆがみが修正されるといっても、きれいにまっすぐになるわけではありません。やはり、すこしは傾いて回っています。ではどうするか。

正中線自体をずらします。

f:id:tobimaru-jdr:20170815222215j:plain

正中線を左にずらして意識すれば、縄も左に行く。

強引すぎだろ、と言われるかもしれませんが……。体のゆがみから縄のゆがみが来ている以上、体が簡単に直らないなら、縄だって直らないのです。それなら「ゆがんでる前提」でやってしまう――とこうなります。

うまくいったときは、予備跳躍をはさんで10回くらい続けて後ろSTSOを跳べました。たまたまいい感覚をつかめただけかもしれません。課題は、この状態を演技や連続技の中で持ってくるにはどうするか、ですね。

正中線なんて言葉を持ち出さなくても、だいたいみんな感覚で右に左に調整してちょうどいい真ん中に持っていけるのでしょう。そうするのが身体的に難しい人ならどうするのか、と後ろSTSOを通じて考えたのが、今回の話でした。