とびまるの「なわとびのこと」

なわとびのことを書いたり描いたりするブログ。

なわとびのこと

477 デザインドールが宙を跳ぶ

今回は「3Dモデルのこと」。 イラストを描くときに3Dモデルを参考にすることがあります。 最近だと、475 疑惑のフラミンゴ でEBトードを描いたときに使いました。単縄も大半の技に1つ1つ動画があるので、それを模写すればいいんですが、細かいところ…

476 子どもとコロナと公園と

今回は「コロナウィルスのこと」。 こんなときに公園でなわとびして大丈夫だろうか? 外出自粛なんて言われると、公園でなわとびをしている自分としては、不安になりました。 安心できる情報もあります。適度な運動は必要で、防災メールでもなわとびは例に載…

459 自問自答を乗り越えて

今回は「演技のこと」。 1年半ぶりくらいに人前で演技してから半月ほどたちました。 動画を自分で見返すこともそんなになくて、何人かに見せたとき、いっしょに見たくらいです。ミスったところや、フォームがあやうい技は、さすがに見ていて恥ずかしいんで…

458 手首は嫌われ者?

今回は「手首のこと」。 「手首で回す」はあまり言わないほうがいい。 プロのかたがこう書いてるのを見て、僕もブログで一時期、テーマにしたことがあります。縄をうまく回せない段階でこれを伝えてしまうと、余計に回せなくなるから …… という話だと思って…

457 必要と最小限

今回は「ミニマリストのこと」。 「必要最小限となんでも捨てるは違う」 すこし前、日本と世界のミニマリストはここが違う、のような話を読んでいたら、コメントでこんなことが書かれていました。必要最小限にしつつデザイン的なセンスは残す海外と、捨てる…

455 高め合う仲間はだれが作る

今回は「仲間のこと」。 「何かチームに入ってるんですか?」 たまに聞かれることがあります。前の学校で、演技したあとにはよく聞かれました。 やっぱり、単縄、特に曲に乗せてフリースタイルまで跳ぶと、1人じゃそこまでやらないだろうみたいなイメージが…

450 単縄は五輪の夢を見るか?

今回は「単縄のこと」。 よくあるタイプのタイトルですが……。 問いかけタイトルを続けていたら、以前考えた話を思い出したので、問いかけ系3連でもう1つ書きます。 僕はほとんどオリンピックを見たことがなくて、札幌開催の話で「競歩もあるんだ」と気づい…

449 トードができるからなんなの?

今回は「単縄のこと」。 前回に続いて、もう1つ、問いかけタイトルで。 今回は先に答えを持ってきます。実は、答えられません。なぜかと言えば、この問いかけをされた時点で、場面の作り方を間違えているからです。 想定しているのは、「単縄の入り口」みた…

448 単縄はファッションですか?

今回は「単縄のこと」。 単縄が好きでも、「ダサい」と思える瞬間がたまにあります。 ムリして、何をやりたいのかわからないとき。さらには、そこで引っかかって自滅したとき。 その姿を見る人の、単縄への理解、単縄のイメージはいろいろですが、その瞬間を…

444 支・肢・枝

今回は「支えのこと」。 4並びに合わせて、3つの「シ」をタイトルに並べてみました。 見てのとおり、「支える」の字が入った言葉です。427 でジャンプリリースの話を書いたときに特に強く思った、縄を回すとき足が支えているという発見・感触は、あれから…

443 筋肉痛は知っている

今回は「体のムリのこと」。 体調を崩して、2週間くらい跳べずにいました。 調子が戻って縄を持ったのが月始めの3連休。SCCC系の話も書いたし、やってみるぞと跳ぼうとしたら ―― 。 エネルギーでも吸われたのかというくらい力が入りませんでした。 涼…

440 なわとびメモ「交点を0に」の謎

今回は「高さと速さのこと」。 ブログを書くのにメモを取っておくことがあるのですが、謎だったメモがあります。 高さと回旋スピードの関係 2つのグラフ 交点=差が0に近づける どんな話にしようとしていたのか……。自分で書いたので、言いたいことはいくら…

437 150秒が長すぎて

今回は「演技のこと」。 練習に使っている演技がだいぶ良くなってきました。 と言っても、ようやく3~4ミスに収まってきたレベルですが……。相変わらずゲーム音楽を使って、2分以上のBGMに合わせて跳んでいるので、ノーミスは遠いです。 最近、改めて感…

431 技の追究となわとびの本質

今回は「なわとびのこと」。 技のコツを考えていくと、実は基本的な技術に戻ることが多いです。 ブログで文章にしていると、よく思います。最近の技系の話でも、 ・ASを足の下に叩きこむ → 大半の多回旋で同じ瞬間がある・ジャンプリリース → 部分部分のコ…

429 縄とアリバイ

今回は「予防線のこと」。 推理小説を読んでいると、アリバイという言葉がよく出てきます。 「犯行があった時間、別の場所にいたので犯行ができない」みたいな意味合いで、犯人を絞り込むような展開だと、だいたい出てくる言葉ですね。 日常生活で、リアルに…

421 満足

今回は「なわとびのこと」。 実は新しい演技ができあがっています。 新しい学校に転勤したので、もう出し物用に作る必要はないんですが、やっぱり例年のように大型連休のころから曲に合わせていました。 どこかで見せる予定はありません。 ただ、もともとは…

415 ひとつのこと

今回は「集中のこと」。 ひとつのことに集中できる。 特技というのか、アピールポイントというのか、そういう表現があります。 その分野を突きつめて、大きく力を発揮できる。それが強みであり、期待できるということでしょう。 なわとびでも同じことが言え…

406 人とAIの2in1

今回は「AIのこと」。 世の中、AIがいろいろなところで使われるようになってきました。 単語の予測変換、養殖の稚魚の選別、オークションの偽物判別……。 最近見た話だと、こんなのがありました。いろいろ使いどころがあるなら、なわとびにだって活用でき…

403 ぬくなわ

今回は「季節のこと」。 なわとびは、この時期が一番跳びやすい気がします。 暖かいと、体も動かしやすいです。なわとびは冬の運動の定番ですが、冬は寒くて体が動きません。この冬は暖冬と言われていて、僕の住んでいるところでは一度も雪が降らない冬でし…

400 飽きる幸せ

今回は「満足感のこと」。 飽きた、というのは、満足したってことだなと思います。 5年も6年も単縄を続けてきて、始めのころはいつまでもやっていけると思っていたことが、すこしずつ減っていきました。イベントに出向くのをやめ、動画を見せるのをやめ………

399 なわとびに身をすくめる人たち

今回は「暴力のこと」。 すこし前、初めて回る縄が怖いと思いました。 1月ごろだったと思います。SEBOCとか、TJOとか挑戦していたとき。縄は通るようになりつつありましたが、何度か回しているうちに、ふと「怖い」と感じました。 音の強さに自分が…

398 雨のち風

今回は「天気のこと」。 雨のあとは風が強いと思います。 ネットで検索すると、「そういうときもある」程度に書かれていることが多いです。雨雲通過後の気圧配置がどうなっているかによる、とかなんとか……。 それでも、外でしかなわとびしない人にとっては、…

394 ミッテランの帽子

今回は「きっかけのこと」。 たとえばそれが、なわとびのトップ選手で、置き忘れたのが縄だったら。 『ミッテランの帽子』というフランスの小説があるそうで、このまえ、新聞の書評欄で見かけました。 たまたまレストランに現れた大統領が置き忘れた帽子を、…

393 レベルのマリオネット

今回は「ルールのこと」。 レベルが下がる? なわとびの世界団体の統合によるルール改正をおかもんさんがブログで解説してくださっているのを毎回読んでいます。 僕は、競技には関わりがないんですが、ここだけは二度読んでいったん考えました。 レベルはWJR…

391 わきの下のデルタ

今回は「わきのこと」。 前回書いた手首の話といっしょに出てくる話があります。 「わきをしめる」は違います、という言葉。 手首の話では、ダメと言うからには、「ダメのメカニズム」が理由としてあるだろうと書きました。手首なら、手元で回しすぎて縄に力…

390 手首の問題

今回は「手首のこと」。 「手首で回そう」は違います、という話が見られるようになってきました。 僕もその話を見てからは、手首だけではブレやすい、のような話を書くようになりました。でも、それだけでは大ざっぱに思えます。 ダメと言うからには、理由 ―…

380 雪の犬

今回は「なわとびのこと」。 ブログを始めて5年たちました。 なわとび自体は6年くらいでしょうか。すでに、いつ「単縄」を始めたのか記憶がはっきりしていません……。 「フリースタイルを跳んでる人たちみたいに自由に跳び回ってみたいなあ」「できるように…

369 魔法の言葉と言葉の魔法

今回は「声かけのこと」。 なわとびの解説サイトってこんなにあるのか……。 動画も含めて、いろんな人が解説を作っています。それだけヒントを求めている人が多いのか、それを見こして解説を作っているのか……。 教えてもらいたい人は、「これでできる!」とい…

365 テリトリー

今回は「ルーティンのこと」。 理解していたようで、理解していませんでした。 「ランプだけじゃない。僕はいつも同じものを同じ場所に置く。飲料水、コンロ、ピッケルも、すべてね。こんなふうに、僕は登山時には常に同一の環境や行動で統一するように心が…

361 なわとびって「なわまわし」では

今回は「なわとびのこと」。 タイトルのとおりです。 なわとびはたしかに跳んでいます。でも、いろんな技を覚えていくと(それこそ、学校レベルの短縄が専門レベルの「単縄」になっていくと)、跳ぶよりも回すことのほうがはるかに重要になってきます。 単純…