とびまるの「なわとびのこと」

なわとびのことを書いたり描いたりするブログ。

技術のこと

644 ぶん回す、その支え

今回は「回しかたのこと」。 ぶん回す感じ。 なわとびがうまくなってきた子が、3重系や4重系を回すときの感覚として言っていた ―― と以前友だちから聞いた覚えがあります。 たしかに、勢いの良さに言葉を当てるならぴったりですね。実際にその感覚で回して…

642 交差の前にOがある

今回は「交差のこと」。 「交差に入る前の縄」をきちんと回しましょう、ということです。 交差って、形が崩れやすいフォームです。普通は腕を開いて回す縄をわざと変形させているので、いろんなミスが起こりやすい。それで、交差の作りかた(入りかた)とか…

637 フロア移動と縄の跳びこし

今回は「跳びかたのこと」。 今回は連想ゲームのような流れで……。 前々回、オーサムアニーという組み合わせ技に回転とびを合わせた動きを紹介しました。 文字どおりその場で回りながら、前回しと後ろ回しを切り替えるんですが、もともとのオーサムアニーは、…

636 ステッキの先、すてきの先

今回は「回しかたのこと」。 4重とびをわりと跳べるようになりました。 やっぱり、このときの体験がきっかけだった気がします。 縄といっしょになれた、と思えたあの1回を跳ぶ前、僕は技術的なことはほとんど考えていませんでした。あるがままに張った縄の…

633 高みの連撃

今回は「ジャンプのこと」。 高く跳ぶときに必要なことは何か? 高いジャンプをテーマに2回。今回は技術面の話です。最近、過去のフリースタイル動画をいくつか見て思ったんですが、高く跳んでる人って、跳んでから体がブレてない印象でした。 この「跳んで…

631 油断と緩慢

今回は「回しかたのこと」。 どうして引っかかるのか? この単純な疑問に、「回しきれていないからだ」と気づくことが増えました。 たとえばこの前の記憶。COO([交差 → 開く → 開く]の3重あやとび)が最後のOで引っかかりました。当たったのは足首あ…

630 反作用バインド

今回は「協応のこと」。 回そうとすると足が離れない。 回す・跳ぶの関係で、見えないけれど重要な影響だと思います。体のどこかを動かそうとすれば、その動きを別のどこかで支えないといけません。なわとびだと、回そうとする手の動きを、足で支えることが…

625 手首の問題・2

今回は「手首のこと」。 2がついてるのは、以前、同じタイトルで書いた話があるからです。 あのころ、「手首で回す」が話にあがっていて書いたような。 今回は技術から見た話。前回、グリップの角度を考えたときに「グリップを横に向けるって手首がけっこう…

624 ハの字とVの字

今回は「角度のこと」。 縄がとがっている気がする……。 最近、縄の形に感じること。なわとびで回る縄って、基本的に曲線で、弧(こ)を描くものだと思います。跳ぶときは、それを内側から見ながら跳んでるわけです。実際はそんなに縄を凝視してはいませんが…

621 はやぶさの引っぱりと傾き

今回は「交差のこと」。 昨シーズン、すこしうまくいった例から。 「引っぱりすぎだから、もうすこし前で回してみよ?」 はやぶさで子どもに伝えたアドバイスです。はやぶさには、交差を先に回すCO型と、あとで回すOC型があって(O=オーブン、C=クロ…

619 ランニングとなわとび

今回は「ジャンプのこと」。 寒さと暑さの中間の季節。 ランニングするのにほどよい時季です。夜だとまだ肌寒い日もあって、これくらいが体のあったまるバランスと合ってます。 最近、ランニングとなわとびって押しだす力が似てると思いました。 「反発から…

617 跳べない子の肩に翼を

今回は「ジャンプのこと」。 今年のなわとびシーズンにうまく伝わった話です。 ジャンプが低くなりがちな子に、背すじを伸ばしてみるように伝えてみたら、跳べる回数が増えました。2重とびやはやぶさだと、1~2回だったのが5回くらいまで届きました。 1…

615 「ピンと」のヒント

今回は「回しかたのこと」。 縄をピンと張る。 僕にとっては、ずっと、わかるようでわかっていない技術です。どうやったら縄が張るような回しかたができるのか? …… の前に、「とりあえずピンと張る瞬間を実感する」にはどうしたらいいのか? 最近、2つの話…

609 逆「くの字」チャレンジ

今回は「跳びかたのこと」。 ―― この「くの字」、逆にできないものか……。 なぜか必ず見かける「くの字とび」。腰を折って足を上げる跳びかたです。2重とびやはやぶさをする子の1~2割はこのジャンプじゃないでしょうか。これ、ひざを曲げればラクになりそ…

608 握らずの親指

今回は「握りかたのこと」。 グリップの握りかた ―― というより、握る強さの話です。 どれくらい握りしめればいいか迷うことってありませんか? ここしばらく、4重とびで握りかたを考えているうちに、「軽く」から「強く」を試してみるといいように思いまし…

602 2重とびで手が高くなる理由

今回は「手の高さのこと」。 学校でなわとびを見ていると、2重とびで手の位置が高い子をよく見ます。 連続でできる子でも、回している手が高い。子どもに限りません。公園で子どもの前で跳んで見せている親御さんとか、動画で挑戦する芸能人とか、大人でも…

595 ドルフィン

今回は「サイドスイングのこと」。 サイドスイングとともに上がるのがどういうことか、またすこしわかった気がします。 ジャンプにサイドスイングが追いついて回りはじめる感じ。 こうなれば、ジャンプの勢いをジャマすることもないし、サイドスイングも勢い…

593 連動 vs 反動

今回は「回しかたのこと」。 まだ、これでも回しきれないのか――。 591 マッハ突きと縄の関節 で、グリップの先まで回す動きをつなげれば、もうすこし縄に勢いをつけられるのを感じました。たしかに、3重とびとか、サイドスイングからリリースまで、手や縄の…

591 マッハ突きと縄の関節

今回は「回しかたのこと」。 速く回すのを、よく「ヒュンッ」と書き言葉にすることがあります。 あれ、言うほど音を出せないんですよね……。できる人はできる。回しかたのどこかに難があるということだと思います。縄を引っぱりすぎるから引っかかることはよ…

583 大地がうなる

今回は「回し方のこと」。 ひさしぶりに4重とびが跳べた……。 思いきり着地するときのケガが怖くなったせいか、この夏あたりから、全力で跳ぶのをセーブしながら練習しています(569 110%、魅力と魔力)。体への衝撃は減ったものの、それまで思いきり跳んで…

580 左手の先生

今回は「利き手のこと」。 リリースと言えば、ずっと練習しているのが「左右かけ足」。 かけ足リリースには、ちょっとした気晴らしで跳んだり見せたりできると気持ちいいだろうな …… というあこがれがありました。ようやくできるようになって、1~2年くら…

576 一瞬のテイクオフ

今回は「予備跳躍のこと」。 4重とびが跳べなくなりました……。 予備跳躍で感覚が合わなくて、行きづまるケースがほとんどです。1年前に初めて跳べたときからずっと、[前とび3回 → 2重とび2回 → 4重とび]で跳んでいて、2重とび2回を高めに跳んで準…

575 肩をフリーに

今回は「ジャンプのこと」。 ふと知ったプリキュアから話を起こして2回。 長めになりましたが、かつて子どもだった大人が、わきあがった気持ちを書き残せたお話になったと思います。なわとびとつながったら、また……。こうやって、気持ちをつづれる場所があ…

572 アングル注意報

今回は「角度のこと」。 縄がそれるのって、だいたい手首のせいですね。 前回のジャンプリリースの話でも書いたんですが、なわとびは手首が傾けばそのぶん軌道がズレます。これは、グリップの向く先が変われば縄もそちらへ回るということです。 リリースだと…

569 110%、魅力と魔力

今回は「節度のこと」。 手かげんして跳ぶようになってきました。 思いきり跳ぶとケガをしそうで怖いからです。特に着地。単縄を始めたころに比べて体が固くなってきた感じで、特に何度も腰痛を起こした腰周辺は、「これ以上はまずいな」と思う瞬間が増えま…

559 片足踏みきり禁止令

今回は「TJ系のこと」。 だいぶEBに慣れてきたかな …… と思って、今度はEBトードを練習しています。 SEB始まりの4重系をずっとやってきたので、EBトードはEBTJ4重で挑戦。過去に成功はしたので、今ならもうすこし跳べると思ってました。と…

558 跳べるイメージ

今回は「イメージのこと」。 最近は、跳べるイメージをつかめたと思っています。 1.跳べる高さをイメージ2.その高さで縄が足の下を通るのをイメージ3.2の状態に縄を持っていくのをイメージ 跳ぶ前に、この3ステップでイメージを作りあげることで、か…

557 円心力疑惑

今回は「軌道のこと」。 遠心力と書こうとすると、思わず「円」心力と書いてしまいます。 自分の中に「遠心力=円」のイメージがあって、「円」が出てきてしまうのです。ぱっと浮かぶのがハンマー投げで、ぐるぐる回すイメージから円状の軌道が連想されるか…

556 自分の中に軸を持て

今回は「軸のこと」。 そう! 速く回転するためには 助走のスピードよりも 回転の中心軸への意識が大事なんだ ―― つるまいかだ『メダリスト』「score11 夜が嫌い」(講談社) フィギュアスケートのマンガで、主人公が2回転(ダブル)アクセルに挑戦している…

554 もも裏から背すじへ

今回は「体の使いかたのこと」。 前回すこしふれた、脚の「前を使う」か「後ろを使う」かの話。 ジャンプや走り方などのトレーニング動画を見ていると、ももの後ろとか、おしりとか、脚の後ろ側の筋肉を有効に使いましょう、みたいに説明されるときがありま…