とびまるの「なわとびのこと」

なわとびのことを書いたり描いたりするブログ。

267 ロストムービー

今回は「動画のこと」。

このあいだ、Youtubeで公開していた動画をすべて消しました。

公開動画のプライバシー問題などをいろいろ聞いて、まわりの人が映っている動画もいくつかあったので消しました。

ダイレクトに何か言われたわけでもないのですが、もともと学校がらみが多い動画でした。学校は個人情報掲載の確認をとるものですが、自分の動画はあくまでも私的なものなので、どこかでもめごとになってもいやだな、と思って。

合計12個あった動画をいろんなかたに見ていただけました。ありがとうございました。


消してみて、思ったことをいくつか。

1つは、同じ気持ちをずっと持ってはいられないということ。

最初は間違いなくアピールでした。ミスばかりのパフォーマンスであっても、こんなふうに単縄をやっている人もいるんです、みたいな声を、ブログに合わせて載せた感じでした。

半年に1回は新しい演技を作って公開してきたわけですが、人前で跳びたい気持ちが薄れてきて(というか、跳びたくてもノーミスで跳べないので)、ほんとに公開しているだけになりました。

「Nisus」とか「Leap the precipice」で作った演技なんて、人前で実際に見せることすらありませんでしたからね(笑)。かといって、動画だけでも見せて、何をアピールしたかったかと言うと……、はて、なんのためだったのか。

最初はアピールでした。それからは?

公開していた動画には学校がらみでないものもありましたが、すべて消したのは、「なんのため」の動画なのか自分で答えられなくなったからです。

あとは、いつかうまくなりたいと言っても、言うほど上達に届かなくて、動画を残しておくことが恥ずかしかったというのもあります。


「だれのため」と考えると、消すのに抵抗がなかったわけではありません

6種類くらい作った演技が、消す段階で平均して200回は視聴されていました。感想がどうだったかはともかく、見てみようと思われた回数がそれくらいはあったのです。

きっかけはどうあれ、消すということは、200回分の期待をシャットアウトするのと同じです。

僕自身、いろんな動画を見てみたい気持ちはあるので、見たことのない動画があればとりあえず喜んで見ます。その可能性自体を消すのは、私的な動画として公開していい内容だったのかというもともとの理由とはかりにかけても、迷うものがありました。

単純に、このまま残しておけない気持ちのほうが強かっただけですが、「なんのため」という気持ちよりも、「だれのため」という気持ちが強ければ、きっと乗り気で動画を公開できるんでしょうね。


春先から、7曲目の演技を作って練習をしてます。

5ミスの壁を越えられませんが、ほぼ完成です。演技とは別に、たぶん夢で終わると思っていたTJ4重もついに跳べました。

そういったものを、改めて動画公開するかは未定です。

だれかに見せる・アピールするにしても、ごくせまい仲間うちくらいで満足してしまえば、動画公開なんて考えないのかもしれませんね。

f:id:tobimaru-jdr:20170611214156j:plain