とびまるの「なわとびのこと」

なわとびのことを書いたり描いたりするブログ。

156 はやぶさコンパクト

今回は「はやぶさのこと」。

151で、はやぶさについていろいろ書きました。

あれから教える機会がいくつかあって、タイミングや交差の位置をアドバイスしてみました。でも、それだけで跳べるようになった子はごくわずかでした。

「2重交差をやってみよう→意外とできる→でも手を開くのが困難」という流れには行きつきました。思っていた以上に、2重交差1回のほうが先にできるのです。これはこれで発見でしたが、はやぶさには届きません。

何か違う。それだけじゃない。

そう思っているうちに、このまえ児童館のクラブで教えたときに、あることに気づきました。

交差がでかい!


思いきり交差しているので、交差が大きいのです。

自分の胸をしめつけるくらい、交差してます。たしかに、それだけ交差すれば手も体の横に出て、縄の横幅を広くして跳べます。

普通のあや跳び・交差跳びなら、大きな交差でも十分跳べるでしょう。交差でできる「輪」が大きいほうが、最初は跳びやすいからです。

でも、これははやぶさ

そんなに大きく交差していたら、腕を開くときにたいへんです。はやぶさをやってみよう、という人が、そんなに速く手を動かせるわけがありません。上手な人でも、大きな交差から、縄の勢いもつけて手を戻すのは難しいです。

交差は小さくてかまわないのです。

f:id:tobimaru-jdr:20151225222757j:plain

交差跳びは、最初は腕をぐるんと回して跳ぶ感じから始めます。そこから、だんだんと手首を使って回すように上達するんだと気づきました。

そうすれば、小さな交差でも回せますし、腕を開いてオープンに戻すのも楽です。何より、大きく交差するより短い時間で戻せます。


これもはやぶさのポイントではないでしょうか?

大きな交差だと、速く回すのが難しいです。手首の動かせる範囲が少なくなるというのか、小さな交差で体の前に手首があるのに比べて、うまく手首で回せません。小さな交差なら、手首で回すのも楽です。

まずここがポイントの1つです。上達するほど、「手首の動かしやすさ」が実感できるでしょう。

そしてもう1つ。先ほど書いた、「速く腕を開くことができる」というポイント。大きな交差だと、腕を開いているうちに着地してしまい、跳びきれないこともしばしば。かといって、強引に腕を開くと、縄が横に広がってひっかかってしまいます。交差が小さければ、このへんを防げます。

そのためには、手首で回せる技術をつけたいですね。

まずは、交差の小さな、コンパクトな交差跳びやあや跳びで試すとよさそうです。

1.小さな交差でもひっかからないように交差跳びをしてみる。
2.その形で、あや跳びをやってみる。
3.交差・開くのタイミングで勢いをつけて、あや跳びのスピードを上げてみる。

これくらいまで慣れることができれば、はやぶさ成功にも近づいてくるんじゃないでしょうか。

4として、交差を開くとき、交差の輪がだんだん小さくなって、縄の先端まで達した瞬間に勢いをつける、という感覚をみがくのもありかもしれません。遠心力をつかむ練習ですね。跳ばずにできる練習です。

どれも、コンパクトな動きにつながっていくのだと思いました。


教えること、考えること、どれも数をこなすといろいろ見えてきますね。

もうすぐ年の終わりです。今年のふりかえりということで、12月のうちに、あと2回更新をする予定です。まずは、今回のように、教えることで感じたことを書こうと思ってます。