とびまるの「なわとびのこと」

なわとびのことを書いたり描いたりするブログ。

学校のこと

073 あれこれクラブ

今回も「クラブのこと」。 前回は、クラブで紹介した技が跳べず、子どもが満足できなかったという話でした。 紹介したのは子どもにとっての新しい動きばかり。挑戦しても、それっぽく跳べるだけで、それ以上に「失敗ばかりを体験させられる時間」になってし…

072 むずかしクラブ

今回は「クラブのこと」。 ついに、待望のクラブの時間がやってきました。 ……が、いろいろと技の準備をしたものの、子どもたちの反応は今ひとつでした。理由は次の一言に尽きます。 跳べないからつまらない。 コンセプトも、用意した技も、まずかったみたい…

068 教えあおう、なわとびクラブ

今回は「クラブのめあてのこと」。 めあて。目標。 前回のクラブ決定会で集まった子どもたちのめあてを読ませてもらいました。ほぼ2種類でした。「2重跳び○○回」と「いろんな技を覚える」。 なわとびクラブの紹介文は、「見たことのない技を跳んでみよう」…

067 16人のために

今回は「クラブ決定会のこと」。 044、057と進み、ついになわとびクラブが始まりました。 といっても、今回はクラブに入る子が決まっただけです。4~6年生が体育館に集まってクラブを選ぶ、クラブ決定会という時間が開かれました。 決まったのは16人です…

066 いろんな魅力で跳べばいい

今回は「なわとび台のこと」。 夏休みが明けて、朝晩に涼しさを感じた最近、またなわとびシーズンが近づいてきたことに気づきました。2か月以上先ですけど(笑)。 なわとびシーズンといえば、うちの小学校では、校庭の隅(でも職員室の真ん前)になわとび…

044 夢のなわとびクラブ

今回は「クラブのこと」。 今の小学校に転勤してから、1つ夢があった。それは、なわとびクラブを作ることだった。 でも、去年はいろいろ理由があって、夢はかなわなかった。 クラブというのは、授業で言うと「特別活動」にあたる。特活と略すとわかる人もい…

041 まぼろし日記

今回は「子どもの気持ちのこと」。 放課に一緒になわとびをした子たちが、僕のことを日記に書いていたらしい。 それを知ったのは、この4月に他校へ転勤した先生の送別会の席だった。 お疲れさまでしたとビールをつぎに行ったら、なわとびの話になった。この…

032 なわとびの神様

今回は「1年間のこと」。 今、へこんでいる。 学校は春休みになり、ひさしぶりに体育館で跳んだ。今回は、初めて自分の跳ぶ姿をカメラで撮った。普段は公園なので、これまで人前で撮影しづらかったのだ。そうして初めて「外から」見た、自分のフリースタイ…

015 黒子のなわとび指導

今回は「それとない指導のこと」。 休み時間も含めて、子どもが一番跳んでいるのは2重跳びだ。 1、2年生が職員室からすこし離れた場所にいるので、普段目につくのは3年生以上。そのため、跳べない子はほとんどいない。たぶん、跳べない子は苦手意識があ…

012 なわとび異邦人

今回は「児童への存在感のこと」。 最初に、小中学校の事務職員について書こう。まず、事務職員は教員ではない。教員が教育職なら、事務は行政職である。市町村立学校が勤務地の公務員だ。教員免許も必須ではない。学校の経理や庶務、職員の給与などが主な仕…

011 夢のなわとびシーズンがやってきた、はずが

新しく「学校のこと」というカテゴリを作った。なわとびについての話なのだが、内容は学校のことだと思う。 そんなわけで今回は「短縄と長縄のこと」。 今の小学校は、中学校から転勤して1年目。前の中学校時代になわとびにはまった僕にとって、なわとびが…