とびまるの「なわとびのこと」

なわとびのことを書いたり描いたりするブログ。

490 ドスンからタンタンへ

今回は「足の動きのこと」。

「右足を空中に上げ、それが落ちる前に左足を上げる
 うんと早くくり返せば空を歩ける」

 ほんとかなあ……

    ―― 『ドラえもん』30巻「ハツメイカーで大発明」(小学館

なわとび以外に、ときどきランニングをしています。そのせいか、動画のおすすめに走り方系のものが出てきて、元陸上選手の為末大さんの解説動画を知りました。

 蹴らない走り方 - 為末大学 Tamesue Academy

どちらかというと短距離の足の運び方について話されているようですが、実際走ってみると感覚が違いました。足にかかる負担が違うのです。足を踏み込むということは、それだけ踏み込んだ足に体重をかけています。負担、負荷がかかり、ランニングならこれが走っているあいだ続くわけで、疲れが蓄積していきます。

片足が着地したらすぐに次の前方移動に移るというイメージが大きいです。単にスピードを上げるのと違って、体重の負荷が少なく、すいすい走れました。ただ、ペースが上がるぶん、別の意味で疲れ、踏み込みが浅いぶん、体のバランスをとらないといけませんが……。


なわとびでも通じるものがありますね。

ジャンプからの着地で、体を沈みこませるかどうか。体や足にかかる負担を考えると、このあたりが似ています。

負担ばかりに目を向けてしまうと、「間をとる」とか、前回参考にした「縄を待つ」とか、タイミングを意識する部分を否定してしまうことになりかねませんが、体が沈みこめば足に負荷がかかるのはたしかです。そこを軽くする目的で考えてみると、ジャンプがちょっと変わってきます。

為末さんの動画に限らず、足が受ける「反発力」という言葉を走り方系のページで見ます。反発力をいかせているかどうかの問題とも思います。

f:id:tobimaru-jdr:20200630222819j:plain

連続で3重とびを跳ぶと感じます。1回目はジャンプが軽く、2回目からは重い。この違いは、跳ぶ直前にどんなジャンプから着地したかで変わっています。1回目は予備跳躍から入っているので踏み込みが軽く、2回目以降は3重とびの着地から次の3重とびのジャンプに移るので、3重とびの着地の重さで踏み込みが左右されることになります。

2回目からのジャンプが重いのは、僕の3重とびに余裕が少ない証拠です。それなりに手に力を入れないと3回回せないので、足に意識が行っていないとも言えます。これは、子どもなら、2重とびやはやぶさ、もっと小さい子なら、普通の前とび・後ろとびでも同じことがあるでしょう。

これを、着地してすぐジャンプできるように足に意識を向けると、たしかに跳び方が違ってきます。短く地面をける感覚ですね。いいのか悪いのかは自信がありませんが、沈むこみがちなときに、ももやひざに残る重み(これがだんだんジャンプを弱めていく……)がやわらいだように思えました。


あまりやらないスピード系でも違いを感じました。

30秒スピードの動画を見ていると、ズダダダダ……と足音がすごい。そこだけ聞いてマネすると、ただ地面に足を打ちつけるだけです。片足の着地と同時にもう片足を上げるくらいにすると、軽くて速い。

軽いといっても、やはり短く地面をける感じで、瞬間の力はそれなりに大きいと思います。なので、短く足音が鳴り続ける風景になる …… のでしょうか。(スピード系の話は聞いたことがないので、想像です)

短くはねることを意識するのは、着地を変えるということでもあります。そこへ合わせて、回し方が変わってくることもあるでしょう。走り方から、おもしろい視点をもらえました。