とびまるの「なわとびのこと」

なわとびのことを書いたり描いたりするブログ。

317 腕を開かないと回せない人

今回は「回し方のこと」。 自分のことですが……。 前回着地の話を書いて、夏祭りの動画をひさしぶりに見てみたら、けっこうかかと着地をしてました。引っかかるのが怖くて体をかがめていて、お尻が突き出た感じで跳んだ結果、かかと着地になっていました。 た…

316 ランディングF

今回は「着地のこと」。 体のバランスが気になってから、ときどきランニングをしています。 体をまっすぐに保って走れたらいいな、程度で2~3km走っています。今さら矯正も難しそうなので、気休めにしかなっていないかもしれませんが……。 ランニングで検索…

315 「引っかかったら座る」はアリか?

今回は「授業のこと」。 以前、こんな話を書きました。 もう3年前の話ですね……。集団とびの「8の字」は待っている時間が長くて、跳ぶ回数だけ見たら3分で1人10回くらいしか跳んでないという話でした。 みんなでどれだけ跳べるかがメインなので、1人あた…

314 引っぱるから回る

今回は「回し方のこと」。 勢いをつけようとすると足に当たることが多いです。 そういうときはたぶん、縄を回してるんじゃなくて、ただ引っぱっています。 こんな絵が浮かびました。 Aが回る動き。Bが引っぱる動き。仮に縄の長さを10とするなら、 A:円周…

313 音速の道しるべ

今回は「音のこと」。 技術より先に、音があるんじゃないかと思います。 マネするときのことです。 見たこともない動きでもないかぎり、動きをマネするだけなら簡単です。問題は、どれくらいのスピードやタイミングでその動きをするのか、という部分。 その…

312 だれのために

今回は「演技のこと」。 実はこのまえ、別の小学校の全校児童の前でなわとびをしました。 僕のなわとびのうわさを聞いた先生からいただいた話でした。体育館のステージで、夏祭りの演技をアレンジしたものを1ミスくらいで見せることができました。 おそらく…

311 和対称 WHAT I SHOW

今回は「対称のこと」。 本を読んでいて思わずなわとびを連想したシリーズです。 「…… 東西南北という文字だって、左右対称を全部、微妙に崩している……。最初からまったく非対称というのでは駄目なんだ。対称にできるのに、わざとちょっと崩す。完璧になれる…

310 回転フリーズ

今回は「回転フリーズのこと」。 そういう名前があるのかわかりませんが、こういう技です。 学校のクラブのプリントより。 前回しの姿勢から縄を手首にかけるだけのポーズに回転を加えたものです。 解説はプリントで書いてあるので、本文はほぼ雑談で……。 回…

309 ならうかならうか(2)

今回も「習得のこと」。 教えてもらう「習う」とマネする「倣う」の話・その2です。 前回は、教えてくれる人はまだ少ないのでマネ(=倣う)から始まることが多く、そこで行きづまるとアドバイス(=習う)が必要になる ―― というような話でした。 習うにし…

308 ならうかならうか(1)

今回は「習得のこと」。 正月に酔ってつけたタイトルではありません。 「習うより慣れよ」という言葉があります。読んで字のごとく、教えてもらうより自分で覚えたほうがいいという意味です。 この言葉だと「習う」ですが、「ならう」にはもう1つ、マネする…

307 跳べない鳥とさえずるバード

今回は「なわとびのこと」。 ブログを始めて4年になりました。 今年はいくつかムリだと思っていた技が跳べました。 TJ4重とか、後ろSTSOOとか……。SEBOOもそこそこ跳べるようになってきました。レベル5や6は、できたらいいなくらいで目標とい…

306 うれしかったこと

今回は「思い出のこと」。 単縄を始めて6年くらいになります。 その半分以上は跳べない苦しみだった気がします……。それでも、うれしかったことがいくつかあります。 初めて拍手をもらえたとき 初めて人前で跳んだフリースタイルはずたぼろで、そのあとおま…

305 かえしとびは縄を持ってあげよう

今回は「かえしとびのこと」。 かえしとびで珍しくいい反応が返ってきました。 初めて、かえしとびを教えて手ごたえがあった気がします(笑)。 すこし前に、かえしとび関係の話を固めて書きました。 253 かえしとびは2つの側振でできている254 かえしとび…

304 右と左の合成力

今回も「回し方のこと」。 今回書くのは思いつきの計算です。 縄を回す力は、こんな式で表せるんじゃないでしょうか。 縄を回す力 = 右手の力 + 左手の力 -(右手と左手の力の差) 要するに、「左右の力が近ければ近いほど一番いい」ということです。 適…

303 右で左だったんだ

今回も「回し方のこと」。 前回、タオルを回していてもう1つ気づいたことがありました。 前回しって右手で左回転してるのか。 はっきりそう気づいたのは、単縄をやって6年くらいたって初めてでした。 「右手なら右でしょ」というイメージがなんとなく自分…

302 傾かないタオル

今回は「回し方のこと」。 縄の傾きが気になります。 子どもがなわとびするのを見ていると、縄の中央が中央にない回し方をときどき見ます。だいたい手の高さが違っていて、でも本人はそれなりに必死で……という感じ。 僕自身、人のことは言えなくて、意識しな…

301 「意識高い」が作る闇

(12/30追記:自分とは関わりの薄い人に、弱音や不満も含めた口出しをしているような内容でもありました。読んでいい気はしなかった、というかた、申し訳ありません) 今回は「理想のこと」。 苦手な人の技術の話を予定していたのですが……。 なわとびとは別…

300 がらくたアスリート

今回は「ブログのこと」。 とうとう300回になりました。 このブログ、1日20~30のアクセスがあります。11月に入ったら急に50アクセスくらいに跳ね上がって、いよいよなわとびシーズンなのが数字でわかります(笑)。 たぶん、この時期に増えたアクセスは…

299 もし単縄が学校の授業だったら

今回は「空想のこと」。 もし……と考えてみました。 ぶっちゃけた話、「子どものころに授業でやっていれば上手に跳べたかもしれない」という、都合がいいにもほどがある空想です(笑)。 なわとび(短いほうの短縄)は、授業ではマット運動とかボール競技のよ…

298 後ろCLも手首は下か

今回は「後ろCLのこと」。 最近後ろSOCLが跳べません。 後ろSOCLOが通りそうなときがあるので、まずは途中の後ろSOCLまで ―― と思って試したのが運の尽き、なぜか悪いほうにハマりました。 とにかく輪が作れず、着地と同時に縄を踏み、ピンと…

297 SEBCは手首でクロス

今回は「SEBCのこと」。 最近SEBCを練習しています。 実は、これまであまりやったことがありませんでした。一時期挑戦したことはあったんですが、最後のクロスで縄が暴走してまったく形にならなかったので、あきらめたんです。 レベル5系を跳ぶのに…

296 Tタイム

今回は「謎の技のこと」。 現在、「縄跳び 後ろSTSOO」で検索するとこのブログが出ます。 当たり前ですね。他にどれだけの人が、こんなことを書くのか……。 検索したのはわけがあって、イラストを描くときに参考になる画像や動画が出てこないかと思った…

295 形を作れば勢いもつく

今回は「フォームのこと」。 後ろSTSOOを跳べたときに気づいたことがあります。 形ができればスピードは勝手についてくる。 跳べる前、当然そこまでは失敗していたんですが、よくあるのが「横に開きすぎて縄が高くなる」引っかかり方でした。それで、S…

294 初めてのレベル6

今回は「後ろTSのこと」。 初めてレベル6が跳べました! 後ろSTSOOでした。 後ろ背面系でSOCLOとかSOTSOがなかなか通らなくて、気分転換でSTSOOをやったら数回で通りました(笑)。 ちょうどそのころから、ここ最近の長い雨が始まっ…

293 「見ながら跳ぶ」の大切さ

今回は「影のこと」。 仕事が終わってから公園になわとびしに行くと、もう真っ暗です。 明かりはほとんど公園の街灯だけ。そんな中で、そばにある建物の明かりがついているともうすこし明るくなって、跳びながら一緒に動くものがあります。 影です。そういえ…

292 手長足長・・・胴長。

今回は「座高のこと」。 すこし前まで、学校の身体検査には「座高」という項目がありました。 「腰から上の高さ」のことなんですが、現在は測っていません。学校保健安全法の改正で、2016年から除外されたのです。その理由がまた大胆で、測っても意味がない…

291 なわとびでオノマトペ(2)

今回も「擬音のこと」。 このへんからマンガ限定に近いですが……。 その3。描き文字そのものを工夫できないか? 『ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章』などを描いている藤原カムイというかたが、以前、『精霊の守り人』という小説をマンガ化しました。そのと…

290 なわとびでオノマトペ(1)

今回は「擬音のこと」。 擬音やオノマトペとは、「文字で表現した音」のことです。 「ぱらぱら」降る雨とか、野球マンガで「カキーン」とボールを打つ音とか。それぞれ、雨が小降りだったり、バットが金属製だったり、イメージがわきます。音をどう表現する…

289 孤独な群生相

今回は「バッタのこと」。 『バッタを倒しにアフリカへ』という本がひそかに売れているようです。 前野ウルド浩太郎さんという昆虫学者の書いた本で、光文社新書から出ています。バッタの魅力に取りつかれて、大量のバッタから被害を受けているアフリカの国…

288 前は現れ後ろは消える

今回も「回し方のこと」。 前回、回す位置を4つに分けて描いたら、あることに気づきました。 それがタイトルです。つまり、前回しは後ろから縄が現れて、後ろ回しは後ろに縄が消えていく。 当たり前なこの話に、すこしスポットを当ててみようと思います。 …