読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とびまるの「なわとびのこと」

なわとびのことを書いたり描いたりするブログ。

214 かわしとびに挑む男

今回は「児童館のこと」。 児童館のなわとびクラブで子どもになわとびを教えています。 教えている、というと聞こえはいいのですが、202 クラブ×クラブ(2)で書いたように、遊んでいる時間のほうが多いです。 最近、改めて気づいたことがあって、A児童館…

213 縮めてメンテ

今回は「縄の調整のこと」。 夏祭りの演技のあと、縄を短くしました。 縄が短ければ、前回の腕の開いたフォームで縄がひっかかりやすくなると思ったからです。ひっかかりたくなければわきをしめるしかない――縄を短くすることで、強制的にフォームを改善する…

212 わきの下がおるすになってますよ

今回は「開いた腕のこと」。 なわとびはわきをしめるといいそうです。 よく言われますよね。たしかに初心者はわきをしめず、腕を開いて回すフォームが多いです。逆に上手な人は、わきをしめて、コンパクトに回しています。見比べれば、どちらが上手に見える…

211 あの子に安心を

今回は「アドバイスのこと」。 以前、こんな話を読みました。 おぼれて泳ぐのが怖くなってしまったお子さんが、もう一度泳げるようになるまでのお話です。怖かった気持ちを乗り越えたお子さんにも、ずっと心配していたお母さんにも、よかったねと言ってあげ…

210 夏祭り・薄闇のパフォーマンス

今回は「演技のこと」。 学校の夏祭りの職員出し物で、なわとびパフォーマンスをしてきました。 (すみません、明るさ加工はしましたが暗いので、パソコンの明るさ調整などでなんとかしてください……) 前奏はいつもどおり、ゲーム『聖剣伝説3』から「Not Aw…

209 天才の軽さ

今回は「腕前のこと」。 世界大会の動画をちょこちょこ見ていて、改めて感じたことがありました。 多少雑でも、必死に跳んでいる姿は「観客」として見ごたえがあります。一方、ささっと後ろ回しの背面クロスクロスをしているとか、軽々と4重系を跳んでいる…

208 T・S(途中と最後)

今回は「TSのこと」。 人と練習していて、後ろSCTSがうまくいかないという話になりました。 やってみると、たしかに最後のTSがひっかかって通りません。 実は、僕はそれ以前に後ろのSOTSもあまりできません。やっぱり、最後のTSがひっかかりま…

207 片手エアなわとび

今回は「感覚のこと」。 エアなわとびってありますよね。 縄を持たずになわとびのフリをします。一般的には、縄がなくてもできる全身運動みたいなもので、ちょっとしたフィットネスとして運動できます。 なわとびをする人も、動きやフォームの確認で、縄を持…

206 SはスタートのS

今回は「ジャッジのこと」。 フリースタイルなわとびのジャッジについて、興味深い話を読みました。 ふっくんさんが、今年の世界選手権でジャッジ(審判、判定)をしたときの感想だそうです。 サイドスイングの判定については以前から聞いたことがありました…

205 目に宿る、経験と予見

今回は「見る力のこと」。 ヨーロッパの大会の動画で、SEBOOOを跳ぶシーンを見ました。 フリースタイルの中でそれをやってしまうのもすごいんですが、よく自分もそんな技を目でとらえることができたなと思ってしまいました。 なわとびの動きは、特に高…

204 ペダンティック

今回は「見せびらかしのこと」。 ペダンティック。衒学的という意味です。 英語も英語なら、日本語も日本語ですね。意味以前に、そんな漢字初めて見たわ!という人もいるはず(笑)。 「げんがくてき」と読みます。知識を見せびらかすこと、くらいの意味です…

203 EBとCLと背中の手

今回は「EBとCLのこと」。 EBとCLのフォームで、共通するのは背中の手です。 自分の左右の手の組み合わせはこちらです。逆はあまりできません。右肩のほうがうまくねじれなくて、EBとCLはほぼこちらでやってます。 この2つの技、EBで覚えた基…

202 クラブ×クラブ(2)

今回は「クラブのこと」。 クラブといっても、月1回行っている児童館のなわとびクラブのことです。 1日2か所でなわとびクラブを行うようになってから、これで4か月になります。 同じ市にある児童館ですが、子どもの反応は2か所でけっこう違います。 昨…

201 クラブ×クラブ(1)

今回は「クラブのこと」。 今年も学校でなわとびクラブを開くことができました。 また内部講師みたいな形で、クラブの時間に一緒に授業をします。いろいろと技を教えながら、最後はビデオ撮影して、クラブ発表として見てもらう――というのが、過去2年の流れ…

200 いつか終わる日

今回は「ブログのこと」。 このブログも200回になりました。 2年半続いています。いつしか、当たり前のように更新を続けてきました。そして、いつしか、いつまで続けるんだろうと思うようになりました。 すみませんが、お祝い回ではなく、お悩み回です。 6…

199 夢か魔術かなわとびか

今回は「驚いた動画のこと」。 いろんななわとび動画を見ていると、びっくりする瞬間があります。 まだ知らないことだらけだったころは、リリースや後方宙返りを見るだけでもびっくりしました。いろんな動画を見るようになると、だんだんと、そうした驚きが…

198 高架下のジャンパー

今回は「練習のこと」。 誘われて、名古屋高速の高架下で練習してきました。 前回、ちょうど屋根の下で練習できるといいなあなんて書いていたときで、しかもちょうど例にあげた場所だったので、あまりのタイミングになんと言っていいのか……。いろいろタイミ…

197 屋根のある風景

今回は「練習場所のこと」。 梅雨ですね。 なわとびを始めてからずっと、雨の日は練習しないことにしてます。公園で跳んでいるので、しないじゃなくてできません(笑)。 練習に熱が入っていたころは、跳べないのがもどかしくて、跳べそうな場所を探しました…

196 どうなってるの、この動き?(5)

今回は「技解説のこと」。 動画を見ていると、試したことのない動きが多いです。 練習で毎週1つは新しい動きを試してますが、こうやってテーマにするのは3か月ぶりでした。 今回は、Tori Boggs選手の2012年の世界選手権の動画から。 この 0:24 あたりでや…

195 努力握力持久力

今回は「握力のこと」。 このあいだ、ちょっとショックなことがあって……。 学校で体力テストがあるので、調子が悪いと言われていた握力計を点検しました。デジタルなら電源が入るかとか、握った感じが変じゃないかとか、その程度なんですが、とりあえず、自…

194 空中サイドスイング

今回は「サイドスイングのこと」。 サイドスイングって、地面に当てないほうがいいんでしょうか。 いまだにサイドスイングからうまく技に入れている気がしなくて、考えているうちに浮かんだことの1つです。 いろんな人の動画を見てみると、あまり地面に当た…

193 かぶせキャッチとすくいキャッチ

今回は「キャッチのこと」。 リリースしたあとのキャッチには、2つの取り方があるようです。 上から取るか、下から取るか。 グリップをキャッチするタイミングは、たいてい、イラストのようにグリップが下を向いているときです。このときに、上から手をかぶ…

192 フォームでターン、背面系

今回は「背面系のこと」。 改めて回し方を気にしながら、いろんな技をやり直しました。 その中で、背面系にすこし効果が出ました。前のCL/CLの成功率が上がったり、後ろのSASOが今までより楽に跳べるようになったりしました。あまり跳べなかったこ…

191 ままままま

今回は「回し方のこと」。 回りません……。 相変わらず、縄を回せないことに悩んでます。 力が伝わっている感じがしません。縄に勢いがなくて回しきれないとか、伝わらないから余計に力を込めて縄が暴れるとか、振れ幅が大きいです。 その振れ幅のどこかに、…

190 こどもまつり

今回は「イベントのこと」。 毎月行っている児童館のお祭りでなわとびしてきました。 こうじさんと2人で、パフォーマンスと体験会をしました。こういうお祭りに呼ばれるのは初めてです。全部で1時間でしたが、感じたこと、気づいたことがいろいろありまし…

189 NawatoBBS

今回は「SNSのこと」。 なわとびを始めたころ、インターネットでなわとびの掲示板を探しました。 特に、単縄がテーマの掲示板。でも、あるのは、学校の延長で話題にしているとか、トレーニングの話をしているとかくらいで、トードの跳び方とか、リリース…

188 アトリエのカーブ

今回は「不安と安心のこと」。 前回、抽象思考の話を書きました。 「なわとびも同じだ」をつけてみようって、要するにこじつけなんですが、今回の話はちょうどそんな発想から思いついた話です。 イラストの参考で本を読んでいて、アルヴァ・アールトという建…

187 すべてがNになる

今回は「抽象思考のこと」。 ブログを書くようになってから、考えをなわとびにつなげることが増えました。 最初はなわとびに関係ないことでも、なわとびと共通点が見つかる感じです。 学校で跳び箱の話を聞いたとき、手と足の協応がなわとびと同じだと思った…

186 ねじれた縄を作った話

今回は「縄のねじれのこと」。 前回、縄が切れて補修したら、それまでねじれていたのが直った話を書きました。 繰り返しますが、推測です。気温が上がってきて、縄が固くならなくなったから、という線もまだ捨てられません(笑)。 それはともかく、ねじれた…

185 ねじれた縄が直った話

今回は「縄のねじれのこと」。 冬から春にかけて使った縄で、かなり悩んだことがありました。 それはねじれ。 ほうっておくと、縄の中央がくるっと回って、輪になってしまうのです。ひどいときにはさらに回って、ねじれた状態になりました。 勢いをつけて跳…

184 営業はしませんでした

今回は「宣伝のこと」。 4月から、児童館のなわとびクラブが2か所になりました。 去年からお手伝いで行きはじめた児童館に加えて、同じ日に別の児童館でも子どもとなわとびをする予定です。今月は体験会という形で、初めてダブルヘッダーで児童館を回りま…

183 1をつかむ話

今回は「1回のこと」。 「側振とびって、どこで1回?」 去年のなわとびシーズンに、子どもに聞かれました。 「え? 横に回して、交差で跳んで1回でしょ?」「だよね!」 今まで、そういう疑問を持ったことがありませんでした。その子も、返事からして、も…

182 トリプルスリーと長縄

今回は「基準のこと」。 基準とか記録についてあれこれ書きます。 プロ野球で、2015年にトリプルスリーを達成した選手が2人出ました。トリプルスリーというのは、1シーズンに、打率3割以上、本塁打30本以上、盗塁30回以上を達成することです。 最近、過去…

181 違和感あってのEBO

今回は「EBO系のこと」。 EBOって不思議な技だと思います。 縄が横から通って、頭の上を回らない。 学校で跳ぶ技は、だいたい頭の上から回ってきた縄を跳んだら1回です。前とび、2重跳び、はやぶさ、どれも頭の上から縄が回ってきます。後ろ回しもそ…

180 なとばす

今回は「練習と運動のこと」。 最近自分の中でもやもやしていることがあって……。 普段なわとびしてるのをブログでは「練習」と書いてます。これって、ほんとに練習なのかと。 いろんな技に挑戦してみたり、演技を通しでやってみたり、ぱっと見、練習以外の何…

179 ずるい動画

今回は「演技のこと」。 前回、学校のクラブ発表のことを書きました。 去年と同じように、おまけで、僕も撮影した演技を流しました。 すでに動画で公開してあるものです。冬にあの動画を撮ったのは、クラブ発表で使うためでした。学校では、メッセージだけ学…

178 おひろめクラブ2015

今回は「クラブ発表のこと」。 もうすぐ修了式です。2015年度の学校も、いよいよ終わりです。 クラブの時間は2月で終わりました。今年は結局、クラブ発表会はなく、それぞれのクラブの自由になりました。なわとびクラブは、最後にビデオを撮ることを始めか…

177 誰のためのアクセント?

今回は「アクセントのこと」。 なわとびのフリースタイルの採点基準の中に、アクセントという項目があります。 選曲した曲の(それと認識できる)特別な箇所で、3重跳びやダブルバウンスなどの特別な動きがなされているか ――全日本ロープスキッピング選手権…

176 縄のたすきがけ

今回は「たすきがけのこと」。 縄をこんな感じで体にかけることがあります。 「たすきみたい」と言われたことがあります。たしかにそうですね(笑)。 こうやって体にかけると、手を使わずに縄を持って動けます。 ちょっとだけ言葉でも解説します。 1.二つ…

175 「つかみ」となわとび体操

教育系の冊子に、雅楽師の東儀秀樹さんのインタビューが載ってました。 小学校などで講師をするとき、まず子どもが歌っている(聞いている)歌を質問するそうです。『妖怪ウォッチ』と答えが返ってきたら、篳篥(ひちりき)で実際に演奏してみせるとか。 た…

174 どうなってるの、この動き?(4)

今回は「技解説のこと」。 ひさしぶりに、おもしろそうな動きをマネしてみた話です。 今回は、京大MTTRさんの、2014年秋祭の単縄パフォーマンスから(40分以上あります)。 10:30あたりで女の学生さんがやっているリリースが見たことのない技でした…

173 宣伝ワード検索返し

今回は「ブログのこと」。 このブログ、最近はアクセス数が1日70~100くらいです。 2014年の12月末のブログで、月間1000を越えたと書いてました。1日平均30ちょっとですね。同じなわとびシーズンで比べると、あれから1年で、1日50くらいはアクセスが増え…

172 失敗もまた

今回は「なわとびのこと」。 最近、なんのためになわとびしてるんだろうと思います。 2/20に、名古屋で「楽しもう!なわとびin愛知2016」が開かれました。この地域では数少ない(ひょっとしたら最大の)単縄イベントです。1年前は、自分が初めて参加して、…

171 これは納得! 2重跳びのコツ

今回は「2重跳びのこと」。 あるかたの書いた2重跳びのコツに、すごく納得しました。 短くまとまっているのですぐ読めます。でも、書かれているのはまさにポイント。 声かけは違いますが、こんなイメージで読みました。 実際に学校で、これで良くなった子…

170 後ろあやとび(2)

今回も「後ろあやとびのこと」。 前回は、交差をして、後ろに回して跳ぶまでを書きました。 あやとびは、交差とびと開きとび(普通に腕を開いて跳ぶ)の繰り返しですが、前回の「交差に入る」だけでなく、「交差を開く」という動きも必要です。 子どもの姿を…

169 後ろあやとび(1)

今回は「後ろあやとびのこと」。 低学年の先生から後ろあやとびのコツを聞かれました。 前あやとびはともかく、後ろあやとびはあまり考えたことがなくて、うまく答えられませんでした。ただ、「交差がおおげさ」「縄が見えない」あたりの話をすると、「そう…

168 なわとびはメジャーかマイナーか

今回は「認知度のこと」。 たまに、なわとびの認知度にふれた話を目にします。 メジャーな運動と書かれることもあれば、マイナーなスポーツと書かれることもあります。なわとびはメジャーかマイナーか? どっちでしょう? 僕はマイナーだと思ってます。 ただ…

167 Short or Single

今回は「たんなわのこと」。 たんなわ。漢字でどう書きますか? 一般には「短縄」です。検索で「たんなわ」と打つと、予測変換で「短縄」が出ます。 基本的に、長縄に対して短縄と呼ぶようです。縄の長さでの区別ですね。この時期の学校だと、個人では短縄、…

166 カット・シーズン

今回は「切れる縄のこと」。 1月の半ばを過ぎたあたりから、ようやく冷え込みが始まりました。 そんなとき、体育の授業に顔を出してきた教頭先生が言ったこと。 「なんで今日はこんなに縄が切れる子が出るんだ? もう続出(笑)」 寒い日は切れやすいんです…

165 再び「手が先か、足が先か」

今回は「回し方のこと」。 以前、「手が先か、足が先か」という記事を書きました。 070 手が先か、足が先か(1)071 手が先か、足が先か(2) 基本は「足が先」でジャンプに合わせて縄を回す。でも、始めのころは回す技術があまりないので「手が先」で身に…