読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とびまるの「なわとびのこと」

なわとびのことを書いたり描いたりするブログ。

技のこと

048 ダイレクト後ろはやぶさ

今回は「ダイレクト後ろはやぶさのこと」。 前回を受けて、得意技について書いてみる。 ダイレクト後ろはやぶさというのは僕の造語だ。 予備跳躍なし、という意味もあるが、特に、連続技の中でいきなり後ろはやぶさをする、という場面を想像してほしい。 狙…

043 ドンキーするなら自分を撮ろう

今回は「ドンキーのこと」。 ドンキー(両足踏切り)(サイドビュー) - YouTube これは両足だが、僕は片足踏切りでやっている。動画のように飛び込むような大技はまだまだ無理だ。さらに断っておくと、僕は、片足踏切りでもこの技が安定してできない。先週…

039 改めて考える「3重跳びのコツ」

今回は「3重跳びのこと」。タイミングとリズム再び。 002 3重跳びはタイミングとリズムだ(1)で、地面を蹴る音を頼りにタイミングをつかむといいと書いた。あれからだいぶ慣れて、自分で回している感覚だけで3回縄が通るようになってきた。その中で気づ…

034 巻きつけろ!ウィンドミルスピン

今回は「ウィンドミルスピンのこと」。 フリースタイルの動画でたまに見かけた技。子どものころ、縄を片方だけ持って思い切り振り回したことはないだろうか。あれが実は、やりかたしだいで技になる。 例によって技名がわからず、見つかったのは、016 KNは…

031 指先のリリース

今回は「リリースのこと」。 以前、020 リリースするなら右で右(1)でリリースについて書いた。でも、僕自身がきれいにリリースをできるかと言えば、そうでもない。なんとか形にはなっているものの、そこから上達できない感じがずっと続いている。 でも、…

022 キャッチ上手はリリース上手

今回は「キャッチのこと」。 リリースの話も今回が最後で、締めの「キャッチ」がテーマ。おそらく、タイトルがすべてを物語っていると思う。キャッチの上手な人は、リリースが上手な人だ。 キャッチは、極端に言えば「つかめるか、つかめないか」でしかない…

021 リリースするなら右で右(2)

今回も「リリースのこと」。 前回、リリースのコツとして「右手なら右回転」「左手なら左回転」で縄を回すと良いと書いた。回しやすく、リリースの感覚を身につけやすいからだ。 今回も、回転方向をはっきりさせて覚えてみよう。 横回しに続いて、今度は「縦…

020 リリースするなら右で右(1)

今回は「リリースのこと」。 あの、片手を離した縄が宙をくるくる回る光景は、なわとび好きじゃなくても一度はやってみたい技だろう。 ブログの機能で見ると、「縄跳び リリース」などの検索でこのブログを見つけた人もいるらしい。リリースは感覚的な部分が…

017 回る小波とモンキーダンス

今回は「モンキーダンスのような技のこと」。 前回、KNという技を探しているうちに跳ぶようになった技だ。モンキーダンスで手を入れ替えずに横方向に1回旋する。とりあえず、モンキーダンスについて書こう。 モンキー - YouTube これがモンキーダンス。こ…

016 KNは英語で探せ

以前コメントをくださったかっちゃんさんが、予定タイトルの中でこれが気になると書かれていたので、今回は「KNのこと」。 誰かのイニシャルのように見えるが、なわとびの技のことである。なわとびの技には、こういうアルファベット2文字のものがいくつか…

014 レッグオーバーは入り口と出口だ

今回は「レッグオーバー系のこと」。 クルーガー、トード、インバーストードなどいろいろあるが、今回は「トード」を中心に書きたい。なお、これは僕個人の経験で書いているので、上級者の説明を見たい人は、動画つきのページをお勧めします。 Jump Rope Vid…

003 3重跳びはタイミングとリズムだ(2)

今回も「3重跳びのこと」。 前回、跳べるタイミングを身につけることで、3重跳びは跳べるようになると書いた。僕の場合は「跳躍の音」がヒントになって、連続で跳ぶリズムを身につけることにもつながった。 さて、問題は、そのタイミングにどうやってたど…

002 3重跳びはタイミングとリズムだ(1)

今回は「3重跳びのこと」。 実は、僕は3重跳びがせいぜい6~7回しか跳べない。ワイヤーロープ(※)でも良くて10~15回。 ※ワイヤーをビニールでコーティングしただけの縄。細いわりに重みがあるのでスピード系や多回旋の技によく使われるらしい。 こ…